1stアルバム『THE INFLUENCE』リリース! 本人による全曲解説付きのスペシャルインタヴュー 

twitterツイート
~

現在のジャパニーズ・ヒップホップ・シーンを見渡せば,
ネクスト・ジェネレーションを代表すると 言っていいだろう、SPHERE of INFLUENCE
シーンの最前線をリードするZeebraの実弟であり、
長い間USで暮らしたバイリンガルラッパーでもあるSPHEREは、
1stアルバム『THE INFLUENCE』をDef Jam Japanからリリースする。

無邪気さをぶつけたことで確かな新鮮さ=オリジナリティを感じさせる今作は、
若い世代を中心に確実にシーンの刺激剤になること間違いないだろう。

そんなSPHEREへのインタヴューと自身による全楽曲映像解説を見て
ぜひこのアルバムをチェックして欲しい。
そしてアルバムを手にしたあなたお気に入りの楽曲を右の画面で投票しよう!

<Special企画>

あなたのお気に入りの
楽曲を投票しよう!
人気楽曲を果たしてどれか?
今の自分を一番出してみたかった

最新アルバム

『THE INFLUENCE』

Def Jam Japan
2002年10月30日発売
UICJ-1006 3,059(tax in)



映像による全曲紹介!!!
※window media playerが必要です。
インタールードは抜かしてあります。
1 Welcome to・・・/BL
2 THE INFLUENCE
/ A KID CALLED ROOTS
3 BOUNCE
/ A KID CALLED ROOTS
4 AIRPORT/DOC-D    
5 LUV YA feat.A
I/A KID CALLED ROOTS
6 DAY ONE
/A KID CALLED ROOTS
7 Lからの贈り物/MAROK    
8 STICKY-ICKY feat.L&RIO/PARTY BOYS(DJ HAZIME&DJ NISHIMIA)
9 WE DONE DID IT feat.VERBAL/AMADEUS
10 JANGLISH/HIROSHIMA
11 アイツはHO/DOC-D    
12 THAT GIRL feat.L&JAY'ED/BL
13 超CHILL/MAROK    
14 MAINTAIN Pt.II feat.IQ
/DJ DAI
15 To My Fam・・・I am
/DJ CELORY
16 M.O.S feat.SORA3000
/AIR JORNAN III


※全部通して聴きたい人

豪華プレゼント!!!
スフィアとNIKEのダブルネーム
オリジナル・バスケット・ユニフォーム

上記の楽曲は皆さん、投票しましたか?
アルバムを聴いた熱~い感想を寄せてくれた方だけにスフィア・オリジナルのバスケット・ユニフォームを抽選で1名様にプレゼント。これは貴重ですぞ! まずはプレゼントページへ画像をクリック!


――アルバムができた感想は?

SPHERE of INFLUENCE:
4ヶ月くらいで作って、なんかあっという間にできちゃったって感じがしますね。なんか次の作品を早く作りたいくらい、そんな勢いですね。

――(笑)それはすごい。今作に関してテーマとかあったんですか?

SPHERE of INFLUENCE:
アルバムのテーマは一枚聴き通せるアルバム、クラシックみたいのを作りたいっていうのがあって。

――シングル曲「DAY ONE」もそうでしたが、今作の全体的リリックも日常や実体験がキーワードになってますね。

SPHERE of INFLUENCE:
今の自分を一番出してみたかったってことかな。無理して難しいこと言うより、今の生活っていうか、今、一番楽しいことをリリックで書いてるから。だからこのアルバムは今のタイミングでしかアルバムになってないし、また来年だったら違うと思うし、去年だったら全然違ってたし…。ノリでやってます…みたいな(笑)。

――「昔はアングラばっかり聴いていた」って言ってましたけど(前インタヴュー参照)、今作はメジャー感がありますよね。

SPHERE of INFLUENCE:
アメリカのシーンも、アングラってもちろんあって、友達もみんなそっち側にいるんだけど、でもみんなが一番知ってるのはメジャーの曲なんだよね。向こう(US)でGUNトーク、所謂、銃の話とかしても日本じゃウケないけど、アメリカではそれが一番熱いっていう…。オレは向こうに居て、こっちに帰ってきたっていうのが一番ライフスタイルとして出てるのかなって思って。変に日本語で難しいことを書くのって日本ではいっぱいあるからさ。日本のシーンはコアなHEADZがヒップホップを作ってきたっていうシーンだから、メジャー感があるアーティストが少ないと思って。だから、逆に向こうであってこっちにはないものをやったほうがおもしろいかなって。

――M7以外、全部日本語詞なんだけど、フロウはすごい英語っぽい。

SPHERE of INFLUENCE:
もともと向こうで英語ばっか書いてたから、自然にそういうフロウになっちゃって。じゃあ、このフロウでどう日本語をはめていくかとか、そういうのがチャレンジだった。あと中学校から全然、日本語勉強してないから、いつも使ってる言葉しかないなって。とりあえず、辞書引いてとか難しい言葉使って…っていうより、しゃべり口調のほうがわかりやすいっていうか通じるのかなって。そこも日常っぽい理由ですね。

――インタールード的なトラック(M4、7、11、13)がありますが、音的にも会話とかも入ってたりしてそれらがアルバムの全体を締めてる気がしました。

SPHERE of INFLUENCE:
アルバムできて、最後の方にインタールードどうしよっか~って。こういうスキット作りて~って音的なイメージもあったり、なんか曲じゃないところでぶっちゃけた感じでやりたくて。たまたまスタジオに効果音集があって、そんとき結構、ハマっててうまく使えないかな~って。「Lからの贈り物」はマジで人が倒れてる音を使ったんですよ。ブースの中で一本攻めをして、人をがっつり落として、「One more take!」とか言って、もう一回投げて(爆笑)とか、いろいろやってたんですよ。オーバーなんですけど、ホントそんな感じで実際やってるから…。「アイツはHO」はみんなで自然にたまって普通に話す感じがおもしろいんじゃんとか言って、すげぇ~みんな(息が)合っちゃって、ワンテイク目が一番よくって。それがイキに。

――そういうところからもリアリティと楽しさがいっぱいですね。それと同時にアルバム全体からすごい前向きのエネルギーを感じたんですけど、SPHEREさんのこういったエネルギー源はどこから得るのですか?

SPHERE of INFLUENCE:
友達から。あとライヴがすごく楽しくて好き。あとは…普通にヒップホップってのがエネルギー源なのかな。

――若い世代をリードする存在として楽しみですね。

SPHERE of INFLUENCE:
インディとかメジャーとか関係なく、若い子達の間で飛びぬけるっていうのがまだあんまないし…。オレの世代とかはまだまだっていうか、いろんなヤツらがいるんだけど、クルー(CIG)の下のほうとかまだ自分達がやりたいことを形にできてないとか思うんだけど、これからヒップホップを変えていくためにはそいつらとかもどんどん出てこなくちゃいけないと思う。本当に新しい奴らを探して、うちらの年代とさらにその下のヤツらにも、なんか通じ合えるものができてくると思うからさらにシーンを大きくしていきたいなっていう感じかな。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報