ウィーザーによるタートルズのカヴァー曲、スパイク・ジョーンズ監督の新作映画で不採用

ツイート
WeezerがカヴァーしたTurtlesのヒット曲「Happy Together」が、バンドの古い友人、Spike Jonze監督の新作『Adaptation』で却下されてしまった。

Jonzeは「Happy Days」をテーマに撮った名曲「Buddy Holly」をはじめ、いくつかのWeezerのビデオ・クリップを制作している。Jonzeは当初、間もなく公開される彼の映画『Adaptation』に「Happy Together」のWeezerヴァージョンを使いたいとバンドに申し出ていた。JonzeはWeezerのヴァージョンは気に入ったものの、この名曲のリメイクをどう使用したらいいのかわからず、結局はTurtlesのオリジナル・ヴァージョンを使うことにしたという。

『Adaptation』は一部都市で限定公開されたあと、1月10日から全米で公開される。

Darren Davis, New York (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報