Lyrico、圧倒的迫力で「キセキノハナ」を披露したライヴ@中野サンプラザ

ツイート
去る12/22、Lyricoが中野サンプラザにて初ワンマンライヴを行なった。

この日のライヴのチケットは勢いよく売れ、満員御礼。その上、リハーサルが長引いてしまって開場が遅れたため、中野サンプラザのロビーは人で満杯。ようやく会場入りしてから約30分、ステージが暗転し、真白い衣装に身を包んだLyricoが、弦楽器の四重奏に導かれて登場。悲しいクリスマスを綴った「Tears in Christmas」で幕を開けた。

ライヴ初盤は四重奏にピアノ、アコースティックギターをバックに厳かな雰囲気で進行。しかし途中のMCで「今日は遅れてスミマセン! Lyricoの化粧に時間がかかりました(笑)」と笑いを誘う場面も。その後の「コイビト」「You're The Reason」でピークと言ってもいいほどの緊張感と歌いっぷりを見せてくれたが、まだまだ。最新アルバム『Voices of Grace』からも披露する。そしてそのアルバムタイトルについて「内なる声、と私は解釈してるんです。自分の内面の声って聞きたくないときもあるけれど、放っておくと“本当は私はここに来たかったわけじゃないのに”となってしまう。だからときどき、ちゃんと自分の声を聞かないと」と語った。

後半は、作家・辻仁成が映画監督を務めた「目下の恋人」の主題歌「キレイ」を披露し、半音の浮遊感が幻想的で今までの空気を換える。続くサイモン&ガーファンクルのカヴァー「スカボロー・フェアー」ではチャップリン風の姿をしたパントマイム・アーティストが登場、そして一度仕切りなおすかのようにステージを降り、再び現われたLyricoは“シンガーとして大きな出会いだった”という「キセキノハナ」を熱唱。実はこの日、この「キセキノハナ」を収録、翌日にはbitmusic(ソニーの音楽配信サイト)にて配信するということが決まっていた。そのせいか、ただならぬ緊張感、そしてそれを昇華していく高揚感で凄まじい迫力に……! Lyricoはもちろんのこと、バックのメンバーのエネルギーも高まっているのがわかり、その迫力が(実際はそんなことはないのだが)音を大きくしているようだった。一発録りで、しかもライヴ会場。Lyricoならではの実力がもたらしたパーフェクトな現場だったと言えるだろう。

そして、緊張感が解け一気にポップでアップテンポな曲を展開。18人の児童コーラスを迎えて和やかに一端、幕を閉じた。

その後のアンコールでは黒の衣装に替え、ピアノとヴァイオリンだけをバックにオーケストラ・ヴァージョンの「キセキノハナ」を披露し、ライヴを終了させた。

ライヴ中のMCでも言っていたのだが、ライヴ終了後にも再びLyricoは「露崎春女が行なった中野サンプラザのステージに、Lyricoとして立つことができた」と語った。それまで露崎春女としてある程度歩んできた道を捨てて、Lyricoとしてゼロ……いや、過程を捨てての再スタートはある意味マイナスからのスタートだったろう。それが今ようやくゼロ地点に立った。しかしそれは間違いではなかったし、未来に大きな飛躍となるライヴであったと言えるだろう。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス