ダーティ・ヴェガス、ダンススター・アワードで3部門に輝く

ツイート
3月19日(水)、マイアミで開かれた第2回DanceStar USA Awardsで、イギリス出身のDirty Vegasがヒットシングル「Days Go By」により3つの賞を獲得した。受賞したのは年間最優秀レコード(Record Of The Year)、最優秀ビデオ(Best Video)、最優秀CM音楽(Best Use of Music In A Commercial)。「Days Go By」は2月に行なわれたグラミー賞で最優秀ダンス賞を受賞している。この曲はそれ以前にアメリカの三菱自動車のCMに使われていた。

Dirty Vegasは今年の夏、スタジオに戻って2ndアルバムをレコーディングする予定。メンバーのPaul Harrisは、新作ではライヴ・パフォーマンスのような、“素のまま”でもっと“エッジの効いた”サウンドを求めているという。

「曲からいろんなものを剥ぎ取って、必要な部分だけ残して裸にしてるんだ。バンドには3人しかいないし……ステージに立ったら、キーボードや何かをプレイする手が何本もあるわけじゃないからね。次のアルバムでは、そういうことをしたいんだ……もちろん、1stアルバムのようなソング・ライティングもキープしながらね。だから、もっと生で、よりエッジの効いた感じのアルバムになると思う」

DanceStar Awardsではほかに、Paul Oakenfoldが『Bunkka』で最優秀ダンスアルバム(Best Dance Album)を、DJ Sammyが最優秀海外アクト(Best International Act)を、Tiestoが最優秀海外DJ(Best International DJ)をそれぞれ受賞している。

また、Justin Timberlakeが最優秀チャートアクト(Best Chart Act)を獲得、俳優のWesley Snipesは最優秀セレブリティDJ(Best Celebrity DJ)と、映画『Blade II』('02年)で使われた音楽の監修で最優秀映画サウンドトラック(Best Movie Soundtrack)を受賞した。さらにSandra Collinsが最優秀DJ(Best DJ)、DJ Coletteが最優秀ブレイクスルーDJ(Best Breakthrough DJ)に輝いている。

DanceStar Awardsは、DJやプロデューサー、レコードレーベルの重役ほか、業界トップの専門家で構成されるDanceStar Academyによってノミネート者の選考が行なわれ、同アカデミーと一般投票によって受賞者が決定される。

Jason Gelman, NY (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報