リンキン・パーク、“ワールドツアーに出られなくなることが心配”

ツイート
3月25日(火)にニューアルバム『Meteora』をリリース(日本発売は26日)したLinkin Parkは、アルバムをグローバルなものにしたいと強く願っている。DJのMr. Hahnは、バンドは世界中のあらゆる場所でプレイしたいと考えており、Linkin Parkは現実逃避としての重要な役割を果たしているという。世界的な政情不安にバンドはどう対応しているのかという質問にHahnは、自分の手に負えなくなった時からニュースには過剰反応しないようにしていると話す。

「うーん、ニュースにはあまり注意していないんだ。あまりにもたくさんの事が起ってるからね。手に負えないことばかりだから落ち込むんだ。俺が恐れているのは空港が閉鎖され、ワールドツアーに出られないんじゃないかってことだけだよ。基本的に俺たちがやってるのは、いい意味でみんなを楽しませるってこと。戦争が起こってるとしても、俺たちが成し遂げようとしてることはそれとは全くかけ離れたものなんだ」

Linkin Parkは、アメリカで『Projekt Revolution』ツアーをスタートさせ、6月にヨーロッパで行なわれるいくつかのフェスティバルに参加する予定。その後、Metallicaの『Summer Sanitarium』ツアーに出演し、8月の終わりから9月初めにかけてヨーロッパに戻る。その他のワールドツアーの日程に関しては未定。

Darren Davis, NY (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報