スヌープ・ドッグ、留守電のメッセージを勝手に使って訴えられる

ツイート
3月25日(火)、ロサンゼルス上級司法裁判所で、ラッパーのSnoop Dogg、Priority Records、Capitol Records、Doggystyle Recordsらを被告とする訴えが起こされた。これはSnoop Doggが最新作『Paid Tha Cost To Be Tha Boss』の中の曲「Pimp Slapp'd」で、彼の留守番電話に残されていたメッセージを本人の許可なく使用したとして訴えられたもの。

原告は安全上の理由により身元を明かしていないが、訴えによれば、昨年10月にJim Bobというニックネームを使ってSnoop Doggの留守番電話にメッセージを入れたという。メッセージはJim BobがSuge Knightとの対立でSnoop Doggを支持するという内容だった。

Jim Bobは11月にSnoop Doggのアルバムがリリースされて以来、脅しを受けているらしく、Knightの故郷であるカリフォルニア州コンプトンで暮らしているため、彼自身と一緒に住んでいる高齢の母親の身の安全を危惧しているという。

この裁判で原告は声音の適切な使用と精神的苦痛を訴え、すべてのシングルおよびアルバムから彼の声を削除すること、また不特定の損害賠償を求めている。

Yves Erwin Salomon, NY (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報