アヴリル・ラヴィーン、「I'm With You」のレコーディングは“背中に鳥肌が立つほど”

ツイート
Avril Lavigneの「I'm With You」がエアプレイ・チャートでヒットを続けている。『Radio & Records』誌によると、現在Hot AC局で最もプレイされているほか、CHR局で3位、アダルト・コンテンポラリー局では22位となっている。

Lavigneは、初めて「I'm With You」をレコーディングしたとき背筋がゾクゾクしたといい、事実、いまだにこの曲を歌うとその感覚が蘇ると話している。

「これを歌うためにブースに入ったときは、すごくエモーショナルになってたの。背中に鳥肌が立っちゃうほどね」「ほんとに良かったの。この曲を歌うときって、自分の世界に入り込んじゃうって感じ。この曲は……私にとって大切な歌だわ。気に入ってる」

またLavigneは「I'm With You」の歌詞にも共感できるという。彼女のドラマチックで超多忙な日々は、時として夜に孤独を感じさせることがあるからだ。

「いつもひとりだっていう感覚があるわ。だってボーイフレンドもいなければ、そうね、ツアーもしてるし」「クレイジーよ。昼間はあまりにもいろんなことが起きてて、それで、そういうドラマみたいな出来事からホテルの部屋に戻ってきてホッすると、“ああ、ひとりなんだ”って感じるの。私、ひとりでいることの曲をたくさん書いてきたわ」

Chiam Chad Dougatz, NY (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報