アカデミー賞を逃したクイーン・ラティファ、Essence Awardsを受賞

ツイート
惜しくもアカデミー賞を逃してしまったQueen Latifahだが、今回、栄誉ある“エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー”に輝いた。映画『Chicago』に出演してオスカーにノミネートされた女優/ラッパーの彼女は、6月の第16回Essence Awardsで栄誉を称えられる。

雑誌『Essence』によると、Latifahは黒人女性に大きな貢献をしたという理由で、読者から受賞者に選ばれた。

同誌の編集ディレクター、Susan L. Taylorは「マルチタレントでクリエイティヴな力を持つQueen Latifahは、アフリカ系アメリカ人女性の精神をうまく表現している」と語った。

'02年にはJanet Jacksonが初代の“エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー”に輝いている。

授賞式は、6月6日にハリウッドのコダックシアターで開かれ、27日午後8時(米国時間)からFoxで放送される予定。

Essence Awardsについての詳細はサイト、ticketmaster.comまで。

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報