t.A.T.u.、イギリス公演キャンセルで賠償金50万ドル

ツイート
ロシアのポップデュオ、t.A.T.u.が5月2日(金)のロンドン・ウェンブリーアリーナと、4日(日)のマンチェスター・イブニングニューズ・アリーナという、2つのイギリス公演をキャンセルしたことで、マネージャーらが訴えられた。

公演のプロモーター、EEM Groupは、t.A.T.u.のマネージャーがコンサートを達成不能にし、多くの障害を与えたとし、およそ50万ドルの支払いを求めている。

コンサートはチケットの売れ行きが悪かったためにキャンセルされたが、BBCによれば、マネージャーらはメンバーのJulia Volkovaが体調不良で出演できなかったと話しているという。

これら2つの会場は1万人以上を収容できるが、売れたチケットは3000枚ほど。

VolkovaとパートナーのLena Katinaは今年初め、ロシア出身のアーティストとして初めてシングル「All The Things She Said」がイギリスでNo.1を獲得した。

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報