X.Y.Z.→A、ニュー・アルバム『IV』をリリース

ツイート
LOUDNESS(ラウドネス)のヴォーカリストでもある二井原実(にいはら・みのる)率いるハードロックバンド、X.Y.Z.→A(エックスワイジートゥーエー)が、6月4日に4枚目となるアルバム『IV』(フォー)をリリースした。二井原は、BARKSのインターネット・ラジオ「BOW!」(1ch)に出演し、「So Bad! Big Time!」「Power Game」「Tomorrow」を紹介。曲はもちろんトークを交える中で感じさせる、二井原の生まれながらのへヴィ・メタルに感動させられるのだ。X.Y.Z.→Aのメンバーは、ほかに橘高文彦(G/元AROUGE、筋肉少女帯)、和佐田達彦(B/爆風スランプ)、ファンキー末吉(Dr/爆風スランプ)と、そうそうたる面々。去年BOW WOW(バウ・ワウ)と共に行なったライヴツアーの模様や、山本恭二(BOW WOW)との出会いなどを面白く語った。

今、X.Y.Z.→Aは全国ツアー中。これからの予定は以下の通り。

6/28 横浜(神奈川)
7/5 熊谷(埼玉)
 6 千葉
 19 心斎橋(大阪)
 20 名古屋(愛知)
 21 静岡
 26 宇都宮(栃木)
 27 水戸(茨城)
8/2 原宿(東京)
 19 青森
 20 盛岡(岩手)
 21 仙台(宮城)
 23 郡山(福島)など。

<ラウドネス>
オリジナル・メンバーは、二井原実(Vo)、高崎晃(G)、山下昌良(B)、樋口宗孝(Dr)の4人。日本のへヴィ・メタル、ハードロックシーンの第一人者として1979年にデビュー。アメリカのワーナー社と契約を結び、日本人として初めて全米ツアーを成功させた。度重なるメンバーチェンジを経て活動停止となるものの、2000年10月よりオリジナル・メンバーで活動を再開している。
この記事をツイート

この記事の関連情報