スティーリー・ダン、ニューアルバム『Everything Must Go』がチャート上位に初登場

ツイート
Steely Danのニュー・アルバム『Everything Must Go』がリリース1週目で好スタートを切った。アルバムは9万1000枚近くを売り上げ、現在ビルボード200チャート9位。なかなかの出だしだが、14万枚を売り上げて初登場6位を飾った前作『Two Against Nature』(2000年)と比べると、やや不振だ。

Walter BeckerとDonald Fagenは、現在のようにSteely Danとして音楽を作っていけるとは、2人のうちどちらも思っていなかったという。
Beckerは「25年前じゃないけど」と切り出し、こう語った。
「キャリアがずっと続くのは素晴らしいと思うよ。人々が未だに楽しんで僕たちの活動に興味を持ってくれる」
Fagenはこう言う。
「2人で一緒に活動してるとは思ってたけれど、ボーリング場のピンボーイみたいな、どうでもいいような存在になってるんじゃないかとも思ってた」
「ピンボーイじゃなくて、ピンボケみたいにね」とBecker。

Steely Danの『Everything Must Go』のプロモーション・ツアーは7月23日、カリフォルニア州コスタメサからスタート。ツアーは10月初旬まで続く予定。

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報