HOME GROWNの職人ワザが冴えまくった“2003年・夏レゲエ解禁DAY”

ツイート
ライヴ・ハウスの殿堂SHIBUYA CLUB QUATTROの 15th ANNIVERSARYスペシャルとしてMOOMIN、H-MAN、そして7月16日にニュー・アルバム『Grown Up』の発売を控えたHOME GROWNのライヴが6月20日に催された。

HOME GROWNは海の家“OASIS”を基盤に日本のレゲエシーンをバックアップし続けるベテラン・バンドだけあってDJ・シンガーとの掛け合いの巧妙さが秀逸! 余裕すら感じさせる安定したステージングを見せつけた(H-MANとのステージでは最新ヒット・リディム「PARTY TIME」を演奏するシーンも!)。

この日、メインを務めたMOOMINはISLANDレーベル移籍第一弾・最新アルバム『Rise Again』から「いつもそばで」、「栽培したい~世界中で~」などを披露。ラストはPAPA U-GEE、keycoらと共に「Happy Birthday-いっしょに踊りたいぜBaby-」で大団円を迎え、ポジティヴで温かなバイヴレーションに包まれた幸福な一夜となった。

なお、7月26日には本場ジャマイカのサンフェスにMOOMIN、PUSHIM、HOME GROWNが出演! 熱い夏になりそうだ。
この記事をツイート

この記事の関連情報