ペリー・ファレル、ロラ・パルーザをヨーロッパでも開催したいと語る

twitterツイート
復活したオルタナティヴの祭典「ロラ・パルーザ」の創始者Perry Farrellは、今年復活したロラ・パルーザ・フェスティヴァルをヨーロッパでも開催したいと考えているが、現在アメリカのファンが楽しんでいるのと同じような高品質なショウを持ち込むには、いくつかの技術的な問題があると話している。今年のロラ・パルーザでヘッドラインを務めているJane's AddictionのFarrellは、ヨーロッパにフェスティヴァルを持っていくには、出演者のラインナップとフェスティヴァルで行なわれているインタラクティヴな催しに障害が起きる技術的な不備という2つの問題点があるとLAUNCHに語ってくれた。

「ヨーロッパには行きたいって思ってる。でも向こうに行ったら、クオリティは変わってくる」とFarrellは言う。「まず、ラインナップ。ラインナップを変える必要がある。夏はみんな忙しいし、契約の問題もある……、わかるだろ。例えば、技術的なことに関してだって、向こうに行ったら、当然、全く別のセットアップが必要になるだろう」

いくつかの国では、言葉の違いも問題になるかもしれない。またヨーロッパの携帯電話は、アメリカとは別の衛星ネットワークを使用しているため、ツアーで行なわれているインタラクティヴ・ゲーム用に全く別の携帯電話システムをセットアップしなければならない。

Farrellは実現を望んでいるものの、ロラ・パルーザがヨーロッパで実施される具体的な計画は立っていない。

ロラ・パルーザは、7月25日(金)にマサチューセッツ州のマンスフィールドを訪れる。ツアーは、8月24日にオレゴン州、ポートランド郊外のセントへレンズで終わりに近づく。

(C)LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報