凸凹(デコボコ)してても、音楽的なツボは完全一致!1stアルバム『Carnival』

twitterツイート


凸凹(デコボコ)してても、音楽的なツボは完全一致


ラップというスタイルをとりながらも、歌心ある心温まるハーモニーが印象的なSOFFet(ソッフェ)。
東京を中心としたライヴ活動を中心に、インディからのミニ・アルバムとメジャーからの3枚のシングル作品で
確実にそのサウンド&人気が広まる中、遂に1stアルバム『Carnival』をリリースする。
オモチャ箱をひっくり返したように、いろんな音の詰まっているこのアルバム。
BARKS初登場となるSOFFetに、このアルバムの聴き所、そして結成の経緯~2人の関係(?!)まで、
幅広く話を訊く!

1枚通して聴く人がいろんな感情でいられるように

 SOFFet最新ニュース ★
8月29日20:00から放送の
「ミュージック・ステーション」
(テレビ朝日系)に出演決定!!! 
生の演奏を見逃すな!!!

最新アルバム

『Carnival』

Warner Music Japan
2003年08月20日発売
WPCL-10025 2,940(tax in)
※初回盤WPCL-10024 2,500(tax in)

1 Intro
2 南の島へ行きましょう
3 君がいるなら☆
4 Carnival
5 がむしゃら凸凹大レース!?
6 When Can I?
7 ~音遊技~
8 上京 feat.Qumi
9 足跡
10 プレミアム☆デート
11 ~ファンファン大佐~ feat.サイプレス上野とロベルト吉野
12 Off The Hook(C→B Ver.)
13 Music Is My Love
14 Outro

最新シングル

「南の島へ行きましょう」

Warner Music Japan
WPCL-10011 1,260(tax in)
発売中

1 南の島へ行きましょう
2 When Can I?
3 Bubble Panic



ワンマンライヴ決定!!!
<SOFFet Carnival>

10月04日(土)@心斎橋クラブクアトロ
夢番地:06-6341-3525


10月21日(火)@渋谷クラブクアトロ
ホットスタッフ:03-5720-9999

♪present♪
SOFFetオリジナルステッカーを
なんと10名様にプレゼント! 
キュートなデザインのこのステッカーを
どこかにつけて 遊びに行こう!!!
詳しくはこちらのページから!
レーベル公式サイト:http://wmg.jp/
※全ての画像と文章の無断転用を禁止します。

YoYoとGooFの2人からのメッセージ、さてどちらがどっち? その答えはこのビデオを観て、みんな覚えてネッ!!!
――まず、YoYoさんとGooFさんの2人が出会ったキッカケは?

YoYo: 出会ったのは小学校5年のときに、同じクラスになったんですね。家も直線で50mくらいだから帰り道が一緒になって、それで遊ぶようになったかな。

――そんな小さい頃から知り合いだったんですね。

GooF: そう。で、学校帰り、当時流行っていたドリカムを人でハモりながら歌ったりして、2人とも音楽好きだったんですね。中学も同じところへ行って、中2のときにフォークソングにハマって、2人でギター買いましたね。

――その頃、どんな人の音楽を聴いていたんですか?

YoYo: 井上陽水とか、"神田川”とか。

GooF: 親父が聴いてたからね。だから俺らがギター弾いて、親父が歌ったりもしてたし。親父同士も同級生なんですよ、中学の。

――家族ぐるみで友達なんですね。

YoYo: そう。だから2人で音楽やるのは自然な流れで。楽しんでやってましたね。

――で、今のようなヒップホップ寄りのスタイルになったのはいつから?

GooF: 中3頃かな、地元の高校生のお兄さんがラップをやっていて。で、デモテープを作ったんで、聴かせてもらったんですね。それに衝撃を受けて、そっから2人で真似し出した。

――中2で井上陽水、中3でヒップホップにいっちゃったと。

YoYo: そうですね~。でも、初めはヒップホップとか全然意識がなくて、ただそれが楽しくて真似してただけって感じ。

――でもヒップホップから別なところにいかずに、続いているっていうことは、やっぱり2人の中でしっくりハマっていったんですね。

YoYo: うん。とんでもないテープで、それが衝撃で、どこにもない感じで、でも笑いを誘う感じで。こういう人を楽しませるような音楽いいなって。で、最初に作った曲が「マジカル・バナナ」。まぁ、そのまま『マジカル頭脳パワー』のマジカル・バナナをただやってるだけってのなんですけどね(笑)。

――ところでSOFFetってユニット名の由来は?

GooF: これは2人で作った造語で、どこにもない言葉なんですけど。自分たちの音楽、どこにもないものを作っていきたいと思いで。見てくれとか、発音とか、自分たちのキャラクター、音楽性に合ったんじゃないかと。ノリと語呂のよさだけで付けたんですけど。

――ではGooFさんにお訊きしたいんですが、YoYoさんってどんな人ですか?

GooF: ん~。

YoYo: いいこと言ってよ!(笑)。

GooF: 性格は優しいですよ。たま~にヤクザ入ってるけどね、車乗ってるときとか(笑)。あと、頑張り屋。このアルバムのレコーディングのスケジュールが、結構タイトだったんですけど、でもカッコいいトラックとか作って、すごい!って思いましたね。

――では、YoYoさんから見て、GooFさんはどういう方ですか?

YoYo: 性格は……名前のとおり、お調子者。goofyって“お調子者”って意味なんですよ。そこから命名しましたからね。

GooF: 辞書によっては“間抜け”とか“トンマ”とかすごいの載ってるんですよ~。

YoYo: あとGooFは、詞の表現がうまい。すごく分かりやすいし、書き方がうまいしね。

――そんな幼なじみの2人が一緒に音楽をやってきて、感じるメリットってどこですか?

GooF: ツボが一緒ってところですかね。レコーディングやっても、周りの人が分からないようなところで、これはいいこれはダメ、カッコいい、カッコ悪いってツボは、完全一致なんです。それは長年一緒にやってきたからこそだと思う。

――そして、8/20に1stアルバム『Carnival』が出るわけですが、何かテーマはあったんですか?

YoYo: 最初からカーニバルなものにしようってのは決まってたんです。1枚にいろんなものが入っていて、テンコモリなイメージ。1枚通して聴く人もいろんな感情でいられるようなのでいるといいなって。豪華な感じで楽しくてって。

――まさにSOFFetの音楽って、明るくて楽しい曲から、しんみりした歌ものもあったりしますが、歌詞に関しては強いメッセージを打ち出すよりも、自身の環境だったり恋愛の話だったりが多いですね。

YoYo: そうですね、自分が経験したことじゃないと。常に等身大で。で、聴く人にとっても自分に身近なところだと楽しめるんじゃないかなって。そういうところを書いていきたいですね。

――歌詞はみんな実体験、リアルな話を書くんですか?

YoYo: そうですね。物語のもあるんですけど、感情としては自分が体験したものから、物語を作るって。昔を思い出すにしても。

――イントロ、アウトロを含め全14曲収録ですが、今、自分のなかでヒットな曲ってどれですか?

GooF: 僕は「プレミアム☆デート」ですね。これは……ただ単に好き。

YoYo: 僕もそう。いつも2人で話してるんですけど、“この曲、やばい…!”って。

Goof: “聴いたことない!”ってね。男心を本当に上手く歌えたなって。

YoYo: うんうん。あと、ギタージャズをラップで組み合わせるっての前からやりたくてね。

――「足跡」ってのは歌モノで、また違う意味で耳を引いたんが、こういう歌ものもSOFFetのなかでもすごくアリなものなんですか?

YoYo: はい。こういう曲も前からすごく作りたかったんですよ。表現方法はなんでも……アリって感じで。ラップだったり歌だったり、両方混ぜたものもなんでもあり。そのほうが楽しいと思うんです。僕たちが表現したものがSOFFetのことでありたいなと。

――じゃぁ、今後、バンドみたいな形態をとるかもしれない? ギター、ドラム、ベースで2人が歌うとか。

YoYo: ああ、そういうのもやりたいですね。ライヴとかでも。

――そういう意味でもSOFFetはジャンルレスな感じですが、今立ち位置としてはヒップホップってところにいますよね。

YoYo: いや、自分達、そういうつもりはないですよ。括るとしたらラップとかヒップホップって枠組みに入っちゃうと思うんですけど、自分達は本当、なんのジャンルでも……ポップでもなんでもいいんです。で、聴いた人がこれはヒップホップだって思えばそれでいいし、はい。とにかく楽しんでもらえれば括りはなんでもいいです。

取材/文●星野まり子

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス