ジャム・マスター・ジェイの甥を銃撃した人物が逮捕される

twitterツイート
Jam Master Jayの甥でラップグループ、Rusty WatersのRodney Jonesを銃撃した犯人が、8月8日に逮捕された。犯人の名はKarl Jordan(20歳)で、Jam Master Jayを殺害した容疑者と言われており、警察は2つの事件の関連を調べている。Jonesは去る5月14日にニューヨーク州クイーンズで足を銃撃された。

『Newsday』紙によれば、JonesはJordanに撃たれたと話しているという。Run-DMCのメンバー、Jam Master Jay(本名Jason Mizell)は、昨年10月、クイーンズのスタジオで覆面をかぶった男に銃で撃たれ殺害された。

Jordanは5万ドルの保釈金を払って釈放されている。父親のDarren Jordanは、捜査員がJam Master Jayの事件について息子を尋問したと話している。

「息子は脅えていないが、快く思っていない。彼はやっていない」

捜査員はJam Master Jayの殺害について、金銭面のトラブルや他のラップアーティストとの諍を含む、あらゆる面から事件の捜査にあたっている。

(C)LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報