殺人未遂容疑のビニー・シーゲル、麻薬治療施設へ

ツイート
Philadelphia Daily News紙によると、ラッパーのBeanie Sigelが、州および連邦の両方の判事から、ミネソタ州の麻薬治療施設に入ることを言い渡された。詳細については発表されていない。Sigelは当初、米地方裁判所判事のR. Barclay Surrickから、麻薬と精神治療のプログラムを受けることで保釈が認められたが、彼の殺人未遂事件を扱う民事裁判所の判事Carolyn Teminは、目撃者を脅していたとの証言が出たため、9月5日(金)に保釈を取り消した。

しかし、Teminは9月8日(月)、脅しの証拠がないことから保釈の取り消しを撤回。いくつかの条件を付けて保釈を許可した。

それらの条件は「被告は治療プログラムの命令を出したSurrick判事の許可なく、司法管轄区域から離れてはいけない。被告は100万ドルの保釈金の支払いを含む、Surrick判事のすべての命令条件に従わなければならない。被告は目撃者または家族と直接あるいは間接的に接触してはいけない」というもの。

Surrick判事はまた、保釈条件としてSigelの母親でマネージャーのMichelle Brownに治療施設への付き添いを追加。Seigelの治療が終了した後、裁判を待つ間の保護観察について決定を下すという。

Sigelは、治療プログラムからの逃走を防ぐために、15万ドルの現金と40万ドルの自宅、4件の不動産物を含む100万ドルの保釈金を、治療施設に入る前に支払わなければならない。

Sigelは7月11日(水)に財務省のアルコール・タバコ・火器局に拘留され、1月9日の殴打事件に関する加重暴行、無謀危険行為、傷害についての審問を受けた。

警察当局は4月20日、止めたSigelの車から半自動小銃を発見。審問後に彼を拘留した。車からはさらに、咳止め薬2箱、抗鬱剤50錠、鎮痛剤ほか、少量のマリファナが見つかっている。これによってSigelは、銃の違法所持で保釈無しの重罪に問われた。

Sigelが有罪となった場合、最高3年の禁固刑が科せられる。

Sigelはまた、7月1日(火)にフィラデルフィア郊外のバーで発生した銃撃事件で、被害者のTerrence Spellerの足と腹部を撃ったとし、殺人未遂、加重暴行、傷害、銃器違法所持でも告発されている。

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス