史上最強の組み合わせ! スーパーギタリスト3+元ツェッペリンのジョンジーが夢の競演 第二部

ツイート
 

それぞれ伝説を残すスーパーアーティストが感動のプレイを惜しげもなく!

企画モノでスーパーアーティストが集うイヴェントは、これまでも数多くあった。しかし、今回のこの組み合わせを凌ぐものはないのではなかろうか。それほどのアーティストが4人、日本のファンだけのために集まった。それが“GUITAR WARS”というイヴェントなのである。このGUITAR WARSは、ハードロックカフェ・ジャパンの20周年記念イヴェントとして、日本だけで行われるものとして企画された。ポール・ギルバートとヌーノ・ベッテンコート。このスーパーギタリストがタッグを組むだけでも驚きなのに、ここに元ジェネシスのギタリストであるスティーブ・ハケットが加わる。どうです驚いたでしょ。しかしまだまだ。この3人に対峙するのは、なんと元レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズなのだ! この4人がそれぞれに組み合わせを変えながら3時間、30曲近い楽曲を熱演してくれた。MR.BIG、EXTREME、GENESIS、LED ZEPPELINの楽曲、そしてそれぞれのソロ楽曲が、現場に居合わせたファンの胸に直接突き刺さる。夢のような瞬間が幾重にも折り重なり、頭の中が飽和状態になる。しかしどの音も聞き漏らすまいと必死にステージを凝視するファンたち。そんな熱狂の中で、彼らは素晴らしいテクニックとソウルで楽曲を演奏し続けた。ファンの心に去来するものは何だろう。それは一人一人がすべて違うもの。でもロックを楽しむという共通認識が一つになっていたのは確か。そうさせるに値する素晴らしい演奏がすぐ目の前で展開されていたのだから。

 >>>Part 1に戻る>>>

ジョン・ポール・ジョーンズのベースプレイ、これは神の手だ!
 インタビュー映像はコチラ
耳寄り情報

8月29日のコンサートの模様はWOWOWにて9月30日深夜24:10~スペシャル番組として放映される。絶対に見逃せない! また、12月10日にライヴCD・DVDもユニバーサルから発売される予定だ。

 SET LIST
2003年8月28日(木)
@赤坂Blizt


1.GETTING BETTA(PG & NB)
2.VIKING KONG(PG)
3.DOWN TO MEXCO(PG)
4.SCARIFIED(PG)
5.TO BE WITH YOU(PG)
6.I LIKE ROCK(PG)

7.TIDAL(JPJ)
8.B.FIGERS(JPJ)
9.STEEL AWAY(JPJ)
10.WHEN THE LEVEE BREAK(JPJ)
11.NOBODY FAULT BUT MINE(JPJ)

12.GRAVITY(NB)
13.CUPID'S DEAD(NB)
14.GET THE FUNK OUT(NB)
15.MIDNIGHT EXPRESS(NB)
16.HOLE HEARTED(NB)

17.MORE THAN WORDS(NB)
18.GOING TO CALIFORNIA(JPJ)
19.GREEN TINTED SIXTY MIND(PG)
20.CLASSICAL GAS(SH)

21.RAINBOWS(SH)
22.FIRTH OF FIFTH(SH)
23.MECHANICAL BRIDE(SH)
24.CLOCKS(SH)
25.DARK TOWN(SH)
26.LOS ENDOS(SH)
-アンコール-

EC1.COMMUNICATION BREAK DOWN
EC2.RED ROOSTER
EC3.ROCK AND ROLL
 最新ソロ作品
ヌーノ・ベッテンコート
『ポピュレイション1』
2002年11月27日発売
UICE-1031
1.フロウ
2.スペースマン
3.ハイ
4.アイアン・ジョウ
5.アン-ハッピー・バースデイ
6.イフ・オンリー
7.オーディナリー・デイ
8.レスキュー・ミー
9.QPD
10.スティフ
11.デディケイション・ブレークアップ
12.シック・パンク
ジョン・ポール・ジョーンズ
『The Thunderthief』
2002年02月18日発売
DGM-0104
1.Leafy Meadows
2.Thunderthief, The
3.Hoediddle
4.Ice Fishing At Night
5.Daphne
6.Angry Angry
7.Down To The River To Pray
8.Shibuya Bop
9.Freedom Song
スティーヴ・ハケット
『To Watch The Storm』
2003年09月26日発売
UICE-1064
1.ストラットン・グラウンド
2.ブランド・ニュー
3.ディス・ワールド
4.サーカス・オブ・ビカミング
5.デヴィル・イズ・アン・イングリッシュ・マン
6.フローズン・ステイタス
7.メカニカル・ブライド
8.ウインド、サンド、スターズ
9.レベッカ
10.シルク・ロード
11.ホエン・ユー・カム・アウェイ
12.ムーン・アンダー・ウォーター
13.サーペンタイン・ソング
ポール・ギルバート
『PAUL THE YOUNG DUDE』
限定盤 UICE-9006/7
通常盤 UICE-1054
2003年5月21日発売
1.I'M NOT AFRAID OF THE POLICE
2.I FEEL THE EARTH MOVE
3.MY RELIGION
4.DOWN TO MEXICO
5.SUPERLOUD
6.INDIVIDUALLY TWISTED
7.KATE IS A STAR
8.G.V.R.O
9.I LIKE ROCK
10.LET THE COMPUTER DECIDE
11.GIRL CRAZY
12.GIRLS WHO CAN READ YOUR MIND(DEMO)
13.GIRLS WATCHING(WITH JIMI KIDD)
14.MILLION DOLLAR SMILE(LIVE)
15.KARN EVIL 9(LIVE)
16.GILBERTO CONCERTO
17.THE SECOND LOUDEST GUITAR IN THE WORLD
サイン入り色紙プレゼント
素晴らしいパフォーマンスと音楽の楽しさを教えてくれたイヴェントを大成功のうちに終えたジョン・ポール・ジョーンズ、スティーヴ・ハケット、ポール・ギルバート、ヌーノ・ベッテンコート全員のサインが入った色紙を合計3名様にプレゼント。応募はコチラから。

JPJ=JOHN PAUL JONES(ジョン・ポール・ジョーンズ)
SH =STEVE HACKETT(スティーヴ・ハケット)
PG =PAUL GILBERT(ポール・ギルバート)
NB =NUNO BETTENCOURT(ヌーノ・ベッテンコート)

●本当に素晴らしい公演でした。では、今後どういう活動を続けていく予定ですか? まずはヌーノから。

NB:今後もPOPULATION 1として続けていくよ。バンドとしてはまだまだこれからだから。アルバム作ってツアーに出て。まあ、これまでと同じことの繰り返しだね。

SH:メンバーには誰がいるの? もっとしっかりするように言ってやんな!(笑)

NB みんな東海岸のミュージシャンなんだ。僕は、西海岸の人々と一緒にやりたくてLAに引っ越したのにうまく行かなかった。ポールはギャラが高すぎて使えないしさ! ベースのジョーは地元ボストンの出身。ドラムのケヴィンはロード・アイランドの出身。でも暗い州だから気にしないで。あとはキーボードのスティーヴ。その3人さ。

●次にポール。

PG:僕は10月に日本に戻ってくるよ。MIジャパンという学校でレッスンをするんだ。MIは僕が17歳の時に生徒だった学校で、今は名誉校長。だから態度の悪い生徒には注意できる。教えるのは好きだから楽しみにしているよ。複雑なことも、シンプルに説明すれば最後にはできるようになるからね。あとはアメリカに帰った後、ニューヨークとカナダのトロントで、ドリーム・シアターのドラムのマイク・ポートノイと、あるトリビュート・コンサートをやることになってる。レッド・ツェッペリンというバンドなんだけど…。

JPJ:おいおい!

PG:そのためにアイバニーズのレスポールを手に入れたんだ。早くジミー・ペイジの動きをマスターしなくちゃ。彼のプレイを覚えれば覚えるほど、自分の音楽生活が充実するからさ。でもその前に少し休みたいな。ここ数年、いっぱいいろんなことやりすぎたからさ。耳も目も頭もイカレて来ちゃった。

NB:あと、マットレスも探してるってほんと?

PG:そうそう。できればキングじゃなくてクイーン・サイズで。

NB:ポール、君がそういう趣味だとは知らなかったよ!(爆笑)

●スティーヴは?

SH:僕は、このギター・ウォーズから帰ったらすぐにバンドと共にイギリスとヨーロッパ・ツアーに出るんで休みはとれないよ。あとは、ナイロン・ギターとオーケストラが共演するプロジェクトも控えていて、そのために人集めをしなければならない。1000人、いや100人、いや25人...。

NB:いっそカルテットにしちゃえば?


SH:いい考えだ! ドラムマシンを使えば誰もいらないね(笑)。

●ジョンはどう?

JPJ:まだ名前は言えないけど、若いバンドのプロデュースをやることになりそうなんだ。そのあとはスタジオに戻るつもりだよ。今回のこのイヴェントはすごくいい刺激になった。短期間に集中していろいろなことをする必要があったからね。またツアーに出たいと思わせてくれた。もちろんその時は日本にも戻ってきたいよ。

NB:ちょっといいかな。僕はここではっきり言わせてもらうけど、今回のこの関係をこれっきりにさせたくないんだ。こんなにエキサイティングなものはめったにないからね。僕らはまだスタート地点に立ったばかりだと思いたい。もっとレベルアップさせていきたいんだ。例えば、次はオリジナルの曲を書いてアンコールで披露するとか、もっといっぱいジャムるとか…。ねえ、もしかしてみんな、「もう二度とおまえとなんかやるもんか」って顔して僕のこと見てない?(笑)

JPJ:正直言うと、最初に"ギター・ウォーズ"というタイトルを聞いた時は半信半疑だった。絶対におもしろいとは思ったけど、まさか、ここまで幅広い音楽のキャンバスが用意されているとは思わなかったんだ。でも実際はものすごくヴァラエティに富んだ内容だし、ダイナミックだし。

SH:決して四六時中"戦争"してるわけじゃないよね。

NB:たしかに。観客の表情にもそれが見て取れたよ。15歳だろうと45歳だろうと、みんなが「こんなコンサートだとは思わなかった」って顔してた。ラップスティールからクラシック・ギターまで。僕自身、ステージ横で見ながら感動してたもの。こんなに充実したショウがあっていいのかって。だから、絶対にこれを最後にしたくないな。ツアーやろうよ!

●最後にメッセージをお願いします。

NB:へい、ポルノ・サイトを見ずにここにアクセスしてくれたみんな、ありがとう。僕は今回、ここにいるジェントルマンたちと一緒に演奏できて本当に嬉しかった。みんなも一緒に楽しんでくれたと思うけど、今回無理だった人も、いずれは別の形で見ることができるからね。もし楽しめなかった人は担当者が個人的に払い戻しするらしいよ。あれ? 違ったっけ? 詳しくはポールから。

PG:こんにちわ、ポールです。ギタリスト。右利き。でも足は左利き。今回は素晴らしい思い出作りになったよ。いろんな形で彼らと共演できて本当によかった。みんなも見たり聴いたりしてくれてありがとう。ギターは永遠に不滅です!

SH:スティーヴ・ハケットです。クリケットというのは実に不思議なスポーツです。こんなこと言ってウケるのはイギリス人だけだね。僕はサッカーも苦手でした。子供の頃から眼鏡をかけていたからです。つまり、僕の子供時代は悲惨でした。だからギターを弾くようになりました! で、今回は本当に素晴らしい経験をしました。バンドも素晴らしかったし、ぜひ、またこの組み合わせでやってみたいものです。全員が無理でも、きっと誰かと。みんなも応援をありがとう。すべては日本から始まりました。その事実を忘れないように。

JPJ:ジョン・ポール・ジョーンズです。こんにちわ。ギター・ウォーズに参加したノン・ギタリストから一言。こんなにたくさんの6弦に囲まれたのは初めてだったけど楽しかった! きっとみなさんも楽しんでいただいと思います。

>>>Part 1に戻る>>>

この記事をツイート

この記事の関連情報