PUFFY、深夜のクラブイベントに現わる…!

ツイート
11/2(日)の深夜、渋谷club asiaにてDJイベント<PRMX TURBO>が行なわれた。<PRMX TURBO>というタイトルとおり、PUFFYのリミックスアルバム『PRMX TURBO』(9/18発売)にリミキサーとして参加したDJたちを中心としたクラブイベントなのだ。

この日登場したのは、小西康陽、須永辰緒、LATIN PANIC!(コモエスタ八重樫×パラダイス山元)、高木完、森田昌典(Studio Apartment)、djcompの面々。

三連休のド真ん中、深夜23時のオープンだというのに、club asiaへと人が集まる集まる。「渋谷は眠らない街だわぁ」なんて思いつつ、このイベント自体の人気も再確認。“PUFFY”といったアイコンを中心に人気DJが一堂に会しお皿を回すのだから、考えてみれば“おいしいイベント”だ。そりゃ人も集まるはず。

DJは森田昌典からスタートし、24時過ぎにコモエスタ八重樫にバトンタッチ。するとパラダイス山元がコンガとドラム奏者を引き連れてステージに登場。LATIN PANIC!だ。コモエスタ八重樫のDJプレイをバックに、パラダイス山元がマラカスを振りつつ「ウ~~~~~っ、あ!」を連発。会場を煽り盛り上げラテンの世界へ…! そしてマンボのリズムと熱い空気のなか25時近くになると、パラダイス山元が「会場のなかにPUFFYがいるよ!」とMC。どよめく観客。そう、PUFFYがいたのだ! ……といっても2階の関係者エリアに。PUFFYにスポットライトが当たると、2人は手にしていた飲み物を掲げて、ちょっとテレながら“どもども”という感じで挨拶。そんな2人にプレゼントか、LATIN PANIC!は「渚にまつわるエトセトラ」のリミックスを披露。アルバムでは「青い涙」をリミックスしていたけど、この日はより盛り上がる曲を選択したようだ。フロアの人々はみな歌いながら踊る踊る。みんなPUFFYの歌、知ってるんだよなぁと定番となっているPUFFYの楽曲への認知度、そして彼女たちの人気ぶりを目の当たりにしたひとときだった。

その後、小西康陽へと引き渡されたDJブースと、“まだまだこれから踊るよ!”といった人たちで溢れかえるダンスフロアは、さらにヒートアップ。その後、DJは須永辰緒、高木完へと続き、ラストのdjcompがプレイする朝4時過ぎ、由美ちゃんが再登場。なんと2階関係者エリアからDJブースへと降りてきて、会場は大盛り上がり! djcompの脇で1曲まわし出すと(……というよりボタンを押しただけ?)、流れた曲は「TEEN TITANS THEME」。この曲は今年8月アメリカ・カナダでリリースされたPUFFYのアルバム『NICE.』に収録されている曲で、日本では未発表曲。アメリカで大人気のアニメ「TEEN TITANS」の主題歌でもあるのだ。そして曲中、由美ちゃんはサイン入りの“PRMX TURBO”Tシャツをフロアに投げ込んだりと、最後の最後でまたダンスフロアをひと盛り上げした。

この日のイベント、“踊る”という目的で人々が集まってきたのはもちろんだけど、なんだか温かくて、ゆったりとした雰囲気が感じられたのは、“PUFFY”という2人の存在感が成せるワザだろうか。まったく2人のキャラはニクい。
この記事をツイート

この記事の関連情報