フィル・スペクター、生々しい殺人現場の詳細が公表される

ツイート
2月3日の朝、フィル・スペクターの邸宅が捜索されたが、捜索の詳細を記録した書類には、生々しい殺人現場の様子が描かれていた。現場には女優のレナ・クラークソンの死体が横たわり、砕けた歯が散乱して、血まみれの銃と血痕のついたコートがあった。米国の事件ニュース番組『Celebrity Justice』が12月9日(火)に入手した捜査令状には、警察への協力を拒んだスペクターを取り押さえるためにスタンガンを使用せざるを得なかったと記されている。検察はクラークソン殺害でスペクターを起訴したが、伝説のプロデューサーは無罪を主張。彼は来年2月23日に再び出廷しなければならない。

裁判所の記録によると、スペクターとクラークソンは2月2日夜、クラークソンがホステスとして働いていたロサンゼルスのHouse of Bluesで初めて出会ったという。2人はその後“性的な巡り合わせ”を楽しむためにカリフォルニア州アルハンブラにあるスペクターの邸宅へ直行した。

書類の内容をレポートした『Celebrity Justice』の特派員、パット・ララマは、警察がスペクターの自宅に到着すると、彼は両手をポケットの中へ入れ死体の前に立っていたと話している。

「警官がポケットから手を出すように言った。これは警官の安全を確保するためで、通常の業務の一環だが、彼は従わなかった。どうしても手を出そうとはしなかった。また、警官に抵抗したため、スタンガンを使わざるを得なかった。相手が非協力的であれば、警察のこうした手段はやむを得ないと思う」

書類によると、警察は“頭部を撃たれた”クラークソンを発見。彼女は黒いドレスに黒いストッキング、黒い靴を身につけて椅子に座っていた。また、肩からは豹柄のハンドバックがぶらさがり、左脚の下に血の付いた38ミリ口径のコルト銃があった。さらに、玄関と階段に砕けた歯が散乱していたという。

書類には、警察が2階の衣装部屋から袖に血のついた白い男性用コートを発見し、階段の手すりが血で汚れ、血で染まった服が広間にあったと記されている。

スペクターは地元の病院で性的暴行に関する検査を受けるよう言い渡されている。書類では、スペクターの上腕二頭筋付近に変色した痣があるという。

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報