ジョン・レノンの元恋人、「ヨーコはジョンの歴史を歪曲」と非難

ツイート
メイ・パンが、ヨーコ・オノジョン・レノンの歴史から敵を排除し、かなり前に制作されたビデオに映っていないはずの自分を盛り込んだ、と話している。最近リリースされたDVD『Lennon Legend: The Very Best of John Lennon』では、「#9 Dream」のビデオにバックヴォーカルで歌っているヨーコの姿が見られる。ビデオが作られたのは'70年代初頭。この当時、ジョンとヨーコの仲が悪く、当初、これはジョンのガールフレンドだったパンが歌っていた。パンはFoxnews.comでヨーコに対して怒りのコメントを発している。

「ヨーコはジョンと関係があった自分以外の人物をすべて抹消しようとしている。彼女が「#9 Dream」を歌っていたという誤解をみんなに与えてしまい、気分が悪い。彼女はこのアルバムとは何の関係もない。これはジョンの生前のNo.1アルバムで、No.1シングル。まったく、ポール(マッカートニー)の気持ちが痛いほど分かるわ」

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報