NYから'04年をリードするシンガーソングライター、サラ・カールソン日本デビュー。試聴曲で体験して!

ツイート
非常に不思議なタイム感とメロディセンスを持った人だ。バックに使われるタブラーなどのアコースティック楽器やSEなども、独自の世界観を作り出す一助となっている。売れセンのデジタルビートもなければ、わざとらしいブルージーな雰囲気もない。アーバンに洗練されたクールな音世界に引き込まれる。これは今までにないサウンドだ。なおかつ高水準な楽曲が詰まっている。そんなシンガーソングライター、サラ・カールソンがアルバム『DOORWAYS』で日本デビューを果たした。アメリカで生まれイタリアで女優・歌手としてブレイク。現在は拠点をNYに移し、ダウンタウンのクラブなどで活動を続けているという。どこか懐かしい匂いと女性シンガーソングライター独特の尖がった世界観。これらを併せ持つ彼女の魅力にハマってみるのはいかが?

日本デビューアルバム『DOORWAYS』からの試聴曲はコチラからどうぞ
「Anything But」
「I Know Nothing」
この記事をツイート

この記事の関連情報