'03年、サンタナ基金が25万ドル以上を寄付

ツイート
カルロス・サンタナと妻のデボラが恵まれない若者を支援するために創設したサンフランシスコのミラグロ基金が、'03年、世界の65団体に合計25万9,000ドル以上を寄付したと発表した。この基金は、主に草の根活動やコミュニティ組織が運営しているプログラムに焦点を当てている。チャリティの恩恵を被った団体には、ベイエリアの若者を対象にライティングとパフォーマンスのワークショップを監督している「ユース・スピークス」や、サンフランシスコ地区の子供たちにフル装備の移動式アート・ミュージアムを提供している「イマジン・バス・プロジェクト」などがある。同基金は'98年以来、世界の191団体に130万ドル以上を寄付している。

サンタナは「地球上の子供たちのために輝かしい未来を信じている。平等、正義、思いやり、優美、上品、美徳、親切、礼儀を、今、ここから促進させなければならない」と語った。

サンタナの限定盤『Ceremony - Remixes & Rarities』が12月16日にリリースされる(米国)。アルバムには「Smooth」「Maria Maria」「Victory is Won」といったスマッシュ・ヒットのリミックスほか、5曲の新曲が収録されている。

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報