Swinging Popsicleの新作は、大人のための極上ギター・ポップ・アルバム

ツイート
'95年結成以降、現在までにシングル8枚、アルバム3枚とコンスタントに作品を続けてきた女性ヴォーカル藤島率いる、3人組、Swinging Popsicle

最近は、ライヴを中心に活動し、'03年にはフリッパーズ・ギターのトリビュート盤に参加するなど精力的に活動を行なっているが、遂に3月17日フル・アルバム『transit』をリリース。今作は完全セルフ・プロデュースで制作。自由度は増した分、ますますポップ・センスに磨きがかかり、メロディにしても、サウンド・アレンジにしても繊細かつ大胆に完成度の高い作品に仕上がっている。日本語訳で“通過点”というタイトルに関して、この作品がSwinging Popsicleの長年活動してきた中での通過点として重要な意味を持っているということが分かるが、ヴォーカルの藤島は「歌詞のテーマは恋愛の“LOVE”で、あたしはその手の歌詞を書くのが苦手でこれはあたしにとっても大事な大事なトランジットだなと思ったわけです」と自身の“transit”の意味を語っている。

Swinging Popsicleはそんな新作を引っ提げ、BARKSでお昼(月・木12:15~)に生放送中のインターネットラジオ<V-netランチ・バークス>に3/16(月)出演決定! しかもアコースティックのライヴを披露してくれるということなので、お聴きのがしなく!!!

とにかく一曲一曲、名曲揃いの新作『transit』、下記の試聴で聴けばわかります!!!

Swinging Popsicle『transit』※URL試聴ができます!
2004年3月17日発売
PUCA-1027 ¥2,600(tax in)

1 I just wanna kiss you
../listen/?id=52028043
2 スノーイズム
../listen/?id=52028044
3 ニーチェ
../listen/?id=52028045
4 短い考察
5 Girl meets Boy
6 ブラインドタッチ
7 コースアウト
8 シネマニ
9 Q
../listen/?id=52028046
10 蛇行する
../listen/?id=52028047
11 ベランダ猫
12 ドント レット ミー ダウン
この記事をツイート

この記事の関連情報