ビルボード・シングルチャートにてアッシャーが5週連続1位に輝く

ツイート
今週のビルボード・チャートのシングル部門Hot 100にて、アッシャーの「Yeah!」がチンギーの「One Call Away」を抑え、5週連続で第1位に輝いた。この曲にはリル・ジョンとリュダクリスがフィーチャーされ、アメリカのラジオやテレビでもヘビー・ローテーション中。また、同じくR&B/ヒップホップのシングル・チャートでも同曲は4週連続1位に輝いている。

Hot 100の上位の動きとしては、J・クォンの「Tipsy」が先週の4位から3位に上昇し、R.ケリーをフィーチャーしたキャシディの「Hotel」が5位から4位へ、そしてトゥイスタの「Slow Jamz」は3位から5位へ転落した。

その他、目立つ動きとしては、エンヤとP.ディディをフィーチャーしたマリオ・ワイナンズ「I Don't Wanna Know」はラジオ・プレイでの健闘で22位から11位へと大躍進。リル・ジョンとイースト・サイド・ボーイズをフィーチャーしたイン・ヤン・ツインズの「Salt Shaker」はセールスでの健闘によって17位に輝いている。

また、カニエ・ウェストの関連作の動きが注目されていて、R&B/ヒップホップのシングル・チャートでは、カニエ・ウェストがプロデュースし、フューチャーリングもされているダイレイテッド・ピープルズ「This Way」が72位に入ったほか、チャート内に彼がプロデュースで携わった曲が10曲もチャートインしている。また、Hot 100ではカニエ・ウェスト自身の「All Falls Down」が60位から46位に躍進している。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報