パロディシンガー、アル・ヤンコビックの両親が中毒死

twitterツイート
マイケル・ジャクソンをはじめ、最近ではエミネムアヴリル・ラヴィーンなどのパロディソングで有名なアル・ヤンコビック。4月11日付のAP通信によると、彼の両親、ニック・ヤンコビック(86歳)とメアリー・ヤンコビック(81歳)がカリフォルニア州サンディエゴ郊外の自宅で二酸化炭素中毒死していたことが分かった。2人の遺体は4月9日(日)、連絡が取れないことを心配した親戚が訪問した際に発見された。換気をせずに暖炉の火をたいたことが原因と見られている。警察の話によると「家の中は煙が充満していた」という。

アル・ヤンコビックからのコメントは発表されてないが、先週末のコンサートでは両親に捧げた映像がスクリーンに流された。また、ファンとのミート&グリートをキャンセルしている。

ヤンコビックは昨年から最新作『Poodle Hat』をプロモーションするツアーを続けている。訃報が届いた先週末はミネソタ州マンカトでコンサートが行われた。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報