エイベックス、音楽配信の高音質化を図る研究期間を設立

twitterツイート
エイベックス・グループ・ホールディングス(以下、エイベックス)は、音楽配信市場の本格的な始まりを受け、「高音質プロジェクト」を近々スタートさせると発表した。

このプロジェクトは「High Definition Sound with TK」といい、設立される研究機関は「High Definition Sound laboratory (HD Sound Lab.)」。現在、着メロから着うた(R) 、着うたフル(TM)といった音楽配信サービスが人気を集めているが、一方で現状の音質への不満も高まっている。エイベックスはこうした音質にこだわりを持つ人のニーズに応えることが急務である、と述べている。

今回の高音質化プロジェクトには、小室哲哉氏をエグゼクティブ・アドバイザーとして迎え、将来の「高音質音楽配信のあるべき姿」を模索していくという。

具体的には、24(32)bit/192khzでのマスター音源を標準仕様とし、早期にフル・デジタル・プロセシングを行うことを目標としている。また、携帯電話やハードディスクプレーヤーなどを対象に、通信キャリア、ハードウェアメーカーとも協調し音楽ファンにとっての高音質環境を整備していく、としている。

問い合わせ先:エイベックス・グループ・ホールディングス
http://www.avex.co.jp/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報