コロナ禍におけるアーティスト奮闘クリエーション よんちゃ音劇「あ、と、たまたまの月」11月30日(火)一夜限りの上演

合同会社maktub



~音楽・演劇・ライブペイント・フォトインスタレーションを融合させた総合芸術エンタテインメント音劇~

合同会社maktub(東京都世田谷区、代表:小野雅也)が運営する、30組アーティストシェアオーナー制で毎日店長が変わるミュージックバーのYONCHAは、11月30日(火)に、よんちゃ音劇として、音楽・演劇・ライブペイント・フォトインスタレーションを融合させた総合芸術エンタテインメント音劇となる、「あ、と、たまたまの月」を一夜限りで上演いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/90481/1/resize/d90481-1-419bf4ed7cdd6c27e4e7-0.jpg ]


本公演は、コロナ禍において、自粛を余儀なくされた文化芸術活動の充実支援事業および文化庁令和2年度第3次補正予算事業である「ARTS for the future!(AFF)*」による補助金を獲得したことで、開催できる運びとなりました。

以下、概要をお知らせいたします。

公演名:
よんちゃ音劇 「あ、と、たまたまの月」
~音楽・演劇・ライブペイント・フォトインスタレーションを融合させた総合芸術エンタテインメント「音劇」~

特設サイト:
https://www.yonchaonline.tokyo/ongeki

日時:
11/30(火)開演 / 19:00 (開場18:30)

チケット料金:
劇場観劇チケット:4,000円 / オンライン配信 チケット:1,500円

場所:
なかのZERO 西館小ホール
〒164-0001 東京都中野区中野2-9-7 なかのZERO


【STORY】
この世界に私じゃなきゃいけないことなんてひとつもないんだと思う。
代わりの効かないものなどそうそうあり得ない、と。
けれど。おそらく。きっと。
今の、この瞬間だけは、どこを探しても他に替えはないんじゃなかろうか。と、思った。
こんなヘンテコな瞬間は。そう勘違いできた夜だった。
まともじゃなくていい、おかしなかたちのイノチをいくつもみた。

[画像2: https://prtimes.jp/i/90481/1/resize/d90481-1-80c2717cdf8652a4addc-1.jpg ]



【CAST】
藤井桂(脚本 / 演出 / 俳優)・望月良太(指揮)・伊倉愛美(歌手 / 俳優)・高野山拓史(俳優)・マシューロー(ピアノ / シンガーソングライター)・長田雄大(シンガーソングライター)・おぬきのりこ(ジャズ ヴォーカル)・齋藤有衣(ダンス)・NORM(藍坊主vo hozzy / ギターcagi)・時乗浩一郎(作編曲 / プロデューサー)・入日茜(シンガーソングライター)・高田亮(パーカッション)・近藤康平(絵描き)・あらきゆうこ(ドラム)・カナミネケイタロウ(ベース)・高本麻美子(墨画家 / 画印作家)・Shota Miyake(写真家)・銘苅 麻野(ヴァイオリン)・三國 茉莉(ヴァイオリン)・角谷 奈緒子(ヴィオラ)・伊藤 修平(チェロ)・永田こーせー(サックス / クラリネット)・橋本恭佑(サックス)・大池&石山(作編曲)・柳田豪太(ギター)・ヒラセドユウキ(作編曲)・杉浦秀明(ピアノ)・Daiki Shibata(コントラバス)・アシタカアヤコ(シンガーソングライター)・ぱくゆう(シンガーソングライター)・hohobun(アニメーション)


【スタッフ】
主催 合同会社maktub・撮影 Ryo Ichikawa・音響・照明・舞台監督 株式会社ディマージ・舞台監督 八木 次翁・美術 加藤美菜・記録 株式会社point zero・配信 渡辺拓也・制作 花田京子加藤真弓・広報 EJ・プロデュース 小野 雅也・まさお 上杉まさお


*ARTS for the future!(AFF)について:https://aff.bunka.go.jp/


■YONCHAとは■
東京都世田谷区三軒茶屋にある、30組アーティストシェアオーナー制で毎日店長が変わるミュージックバー。
HP:http://yoncha.com/
Facebook:https://www.facebook.com/yogenjaya/
Instagram:https://www.instagram.com/4genjaya/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/yongenjaya

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ