ワールドミュージックパーティクルーCRAZY BANANAによる、Contactでのお祭りHO-HAIが、豪華ゲストを招いてフィナーレを迎える。

株式会社グローバル・ハーツ



民謡クルセイダーズとOKI DUB AINU BANDをヘッドライナーに、Soi48、Young G、MMMを擁するOMKや、選曲家 大石始、知久豊など屋内フェスのような豪華なラインナップでお送りする

■ Contact event HP: https://www.contacttokyo.com/schedule/ho-hai-8/



"MINYO CRUSADERS 民謡クルセイダーズ MINYO IS BACK IN TOWN - MINYO AT BLUE NOTE TOKYO" 2022 ▼


[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=7xRqFABiC2A ]



[画像1: https://prtimes.jp/i/24165/1025/resize/d24165-1025-482c3a6291e05a4c2f05-0.jpg ]

民謡クルセイダーズ
かつて戦後間もない頃、偉大なる先輩―東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた日本民謡とラテン・リズムの融合を21世紀に再生させる民謡クルセイダーズ。東京西部、米軍横田基地のある街、福生在住のギタリスト田中克海と民謡歌手フレディ塚本を中心に2011年結成。基地周辺に今もなお点在している築70年の米軍ハウスの一棟、通称バナナハウスをスタジオとして、セッションをスタート。失われた音楽、日本民謡をもう一度”民の歌”として蘇らせるため、カリビアン、ラテン、アフロ、アジアなど様々なダンスミュージックと日本民謡との融合を試み、2017年、1stアルバムを完成。2019年の海外リリース以降、コロンビア、ヨーロッパツアーのほか、オーストラリア、ニュージーランドのフェスWOMADへの出演も成功をおさめほか、2021年、アメリカの公共ラジオ放送NPR (National Public Radio)のライヴ映像番組Tiny Deskに出演するなど、国内外から高い評価を得ている。



OKI DUB AINU BAND : Jazz Auditoria online 2022 ▼


[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=1tkLjoic69k ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/24165/1025/resize/d24165-1025-9090c7168e994a528256-1.jpg ]

OKI DUB AINU BAND
カラフト・アイヌの伝統弦楽器トンコリを現代に復活させたOKIが率いるアイヌルーツバンド。電化したトンコリをベースとドラムで強靭に補強したヘヴィなライヴサウンドに、アイヌに歌い継がれるウポポ (歌)やリムセ (踊り)にアフログルーヴ、レゲエ、ロック等が混在した越境ダブサウンドで人気を博す。主に海外フェスでのライヴ実績を重ね、アルバム「OKI DUB AINU BAND」(06年)のリリースを機に日本上陸。これまでWOMADをはじめ世界的に有名なワールドミュージックフェスティバルへ多数出演し、いずれも高い評価を得ている。国内でもFUJI ROCK FESTIVAL、橋の下世界音楽祭、SUKIYAKI MEETS THE WORLDをはじめ大小様々なフェスに出演する。現在も唯一無二な存在としてワールドワイドに活躍中!<メンバー>
OKI (Vocal/Tonkori)、居壁太 (Vocal/Tonkori)、沼澤尚 (Drums)、中條 卓 (Bass)、HAKASE-SUN (Keyboards)、内田直之 (Recording&Mixing)



イベント詳細


7月10日(日)CRAZY BANANA presents HO-HAI


Open 16:00 / Close 23:00
Door ¥4000 (+1D ¥600), Advance ¥3000 (+1D ¥600)
小学生未満 Free (+1D ¥600) *保護者同伴で入場可 
※未成年の方もご入場いただけます。顔写真付き身分証明証をお持ちください。





《前売券》


◎Contact Online (ZAIKO) https://contacttokyo.zaiko.io/item/348661


◎e+ https://eplus.jp/sf/detail/3637990001-P0030001P021001?P1=1221
◎RA https://jp.ra.co/events/1539940


----------------------------------------------------------------------------------------------


Studio:


[Live]


民謡クルセイダーズ


OKI DUB AINU BAND


GANGER


蟻アント & mocodanon, Kanno Anco





[DJ]


MARI (Eeeek! | Acame)


AMA UU (Eeeek!)


MagRena



Contact:


Soi48 & OMK crew


知久豊 (BALKANBEATS TOKYO)


Amemiya KSK (discos PAPKIN)


PooLSharK (越境ダンスホール)


mitokon (TYO GQOM)


TIDI


AG (Eeeek! | Crazy Banana)





Foyer:


チャーミー☆カリプソン


大石始


パラクシュ


Yasuhiro Mori


Las Tres Hijas (Llumi, Snow, pope)


DJマリアージュ


あわい (越境ダンスホール)


オクマチナツ





Rajasthani Dance:


ASAMI INDIGO





Food:


ラブエイジア四ツ谷 / サイババキッチンあべんべ@Cocotable





占い:


あわい





produced by CRAZY BANANA


ワールドミュージックパーティクルーCRAZY BANANAによる、Contactでのお祭りHO-HAIが、豪華ゲストを招いてフィナーレを迎える。民謡クルセイダーズとOKI DUB AINU BANDをヘッドライナーに、屋内フェスのような豪華なラインナップでお送りする。
ワールドミュージックで陶酔する多幸的夜祭HO-HAI。Contactでは最後となる今回、民謡クルセイダーズやOKI DUB AINU BANDなど豪華ゲスト招いてあげる大花火。日本の伝統と世界各地の音楽の魅力を、アヴァンギャルドかつディープにお送りしてきたCRAZY BANANAクルーの、総決算とも言える大祭が幕を開ける。





戦後間もない頃から、脈々と続く日本民謡とラテン・リズムの融合を21世紀に再生させる、民謡クルセイダーズ。中南米音楽の甘く切ないリズムと、日本民謡のノスタルジックな響きは、日本人のみならず世界中の音楽ファンの心を震わせてきた。カラフト・アイヌの伝統弦楽器トンコリを現代に復活させたOKIが率いるアイヌルーツバンドOKI DUB AINU BANDは、電化したトンコリをベースとドラムで強靭に補強したヘヴィなライヴサウンドに、アイヌに歌い継がれるウポポ (歌)やリムセ (踊り)にアフログルーヴ、レゲエ、ロック等が混在した、意識の根元へとうったえる越境ダブサウンドを繰り広げる。世界中のワールドミュージックフェスやFUJI ROCK FESTIVAL等の大型フェスから、引く手数多のダブルヘッドライナーに加え、ワールドミュージックとヒップホップのミクスチャークルーGANGERや、CRAZY BANANAの支配人AGのライヴ名義“蟻アント”が、1月に、「浅間の煙」のカバーで共作したKanno Ancoと、mocodanonの二人の歌い手を迎えてライヴを披露する。


DJ陣を見ても、目をみはるほどに錚々たるラインナップが揃う。タイ音楽を主軸に世界各国の音楽を発掘・収集するエキスパート・ユニットSoi48と、stillichimiyaのDJ/MC/プロデューサーYoung G、同グループのMCで映像制作レーベル[スタジオ石]のファウンダーMMMを擁するOMK (ワンメコン)クルーや、ベルリンを拠点に6カ国にて開催されるバルカンビーツの日本支部代表 知久豊、全国から開催依頼が集まる無国籍パーティ越境ダンスホールからは、首領PooLSharKとあわいが参戦。ゴムをはじめ、アマピアノ、シンゲリなどのアフリカン・ミュージックをクロスオーバーさせるTYO GQOMクルーからmitokonや、外国人が母国語でない日本語でカヴァー曲やオリジナル曲を歌うジャンル、ワールドJポップのDJで熱狂請負人のDJマリアージュなど、フィジカルな角度からも隙がない。さらには、世界各地の祭り文化を追いかける、地域と風土をテーマにした文筆家で選曲家 大石始や、土着と至芸が記録される“叡智なるレコード”を蒐集するパラクシュなど、専門家然としたDJが、多国籍音楽の底知れない深みを聴かせてくれそうだ。この日のHO-HAIは、屋内フェスティバルの様相を呈しており、踊り疲れた心地よい疲れと空腹は、本格タイ料理ラブエイジア四ツ谷 と、サイババキッチンあべんべの多国籍料理で満たすことができる。


アヴァンギャルドでカルト、だけど懐かしい幼少のときめき。CRAZY BANANAがお送りする、Contactでは最後のHO-HAI。太鼓の音が近づいてきた。お祭が始まる。

[画像3: https://prtimes.jp/i/24165/1025/resize/d24165-1025-7532823b6ef320de579a-2.jpg ]


============================


Contact


東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階


Tel: 03-6427-8107


http://www.contacttokyo.com


You must be 20 and over with ID



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ