ファンクとロックを融合させた斬新なサウンドで、60年代後半のシーンに革命を起こした偉大なるグループ、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン。

ジャンルを超えて多くのアーティストに影響を与え続けた彼らが、なんと奇跡の初来日公演を行なう事が決定した。

結成40周年を迎えた2007年、およそ20年ぶりのツアーを開催し、全盛期を彷彿させるパフォーマンスでファンを狂喜させた彼らだが、今回の初来日では、ブルーノート東京での単独公演のほか、国内最大級のジャズ・フェスティヴァル<東京JAZZ>への参加も決定している。リーダーであるスライ・ストーン以外の来日メンバーは現状未定ながら、まさしく待望といえる初の来日。

この奇跡のパフォーマンスは、肉眼で見届けないといけません。

<東京JAZZ>
8月31日(日) 東京国際フォーラム ホールA
料金:S席 ¥8,500、A席 ¥6,500(税込)

<単独公演>
9月2日(火) ブルーノート東京
料金:¥15,750(税込)
http://www.bluenote.co.jp/jp/schedule/detail.php?id=200