ロードランナー・レコードに所属するアーティスト達が、「2008年にリリースされたアルバム・ベスト10」なる企画に参加、そうそうたる連中が個性豊かな好みを発表している。

参加アーティストとしては、マシーン・ヘッドのロブ・フリン兄貴からソウルフライのマックス・カヴァレラ、はたまたトリヴィアムのマシュー&パオロ、メガデスのショーン・ドローヴァー、キルスイッチ・エンゲージにマディナ・レイク、デヴィルドライヴァー、さらにロードランナーが新たに契約した新人アーティストから、大物アーティストを手がける名物A&Rまで、合計21名の「2008年ベスト10」が公開されている。

トリヴィアムのマシュー君は、サマソニで共演したマキシマム ザ ホルモンの大ファンになり、3位にランクイン。マディナ・レイクのイケメン双子マシュー・レオンはメタリカにドラゴンフォースを選曲、「あー、メタルも聴いてくれるんだぁ」と何故か嬉しかったり(笑)。一方ゴリゴリ・メタルのデヴィルドライヴァーのベーシストジョンが5位にエンヤを選曲するなど、アーティストの意外な好みも明らかに。

ちなみにマシーン・ヘッドのロブ・フリンは2008年お気に入りの映画に08年度一番のヒット作「ダーク・ナイト」、ビートルズのヒットナンバーで綴られたミュージカル「アクロス・ザ・ユニバース」、ロッキーに続いて奇跡の復活「ランボー 最後の戦場」などを選んでおりました。懐、深いっ! キルスイッチ・エンゲージのジョエルは1位になんとキングス・オブ・レオン。そうなんすかっ。

◆「RRアーティストが選ぶ、2008年ベスト10」ウェブサイト