もうすぐバレンタイン。最近では、「バレンタインには意中の男性にチョコレートを贈ったりしない」というアンケート結果が出るなど、男性にとっては残念極まりない状況となっている。不況で給料も上がらない中、財布の紐も自然と固くなるのはわかる。が、しかし、やっぱりバレンタインに女の子からもらうチョコレートというのは、男のロマンなのだ。

というわけで、2010年も音楽サイトBARKSから、バレンタインにチョコレートをもらう方法を提案しよう。スマートに実行すれば、間違いなく女の子たちはあなたにチョコレートを渡したくなること間違いなしだ。

どうしたらチョコレートをもらえるか? まずは古来からの大基本give and takeをテーマに据えよう。たとえば、バレンタインデーにチョコレートをもらったら、ホワイトデーにはお返しする。これ当たり前である。ついつい忘れがちにもなってしまうものの、これだけは守りたい最低限のマナーのひとつだ。

というわけで、2010年は基本に立ち返り、この王道で攻めてみたい。つまりバレンタインデーよりも前に贈り物をしておくのだ。しかも、相手にあまり気を使わせず、手軽に贈れて、かつ、女の子が思わずチョコレートを贈りたくなるような気の利いたものが望ましい。

そんな時に活躍するのが、1100万曲以上の音楽をそろえるiTunes Store。ここには、あなたが女の子に贈りたくなるような素敵な楽曲が山ほど眠っている。そして音楽をプレゼントするのに必要となるのは、彼女がPCで使っているメールアドレスのみ。彼女の住所やケータイ番号をGetしたり、もしくはふたりで会う約束を取り付けたりするのはきわめて困難な道のり。しかしPCのアドレスならなんとかなるのではないか。取引先の女の子だって、ビジネスとして名刺交換を行なえば、とりあえずはOKだ。学生なら…友だちにでも訊いてもらえばいい。

さて、肝心のプレゼントする曲だが、もちろんあなたのお気に入りの、チョコレートにも負けないSweetな曲であればOK。もしそんな曲が思い浮かばなかったり、もっと手っ取り早くチョコレートがほしいという人は、iTunes Storeの検索で迷わず「チョコ」と入力しよう。すると、曲名やアーティスト名に「チョコ」がつくアイテムがヒットする。バレンタインを前にして曲名やアーティスト名に「チョコ」がついている楽曲が贈られてくれば、どんな天然の女の子だって気づくはず。これだ。これしかない。

無事に彼女のメアドをGetして「チョコ」の曲を贈り終える。しかしこれで安心してはいけない。1曲200円前後のプレゼントでお返しのチョコを要求するのは虫が良すぎるだろう。やはり、緩急つけてラブリーなものからヘヴィなものまで、いろんなチョコソングをどれだけ楽しく提供できるか、そこのセンスこそが、きっと勝敗の分かれ目だ。「僕のチョコセレクトです」とフェミニン戦法か、「不器用な男じゃけん…」と、淡々と送る戦法か、そこは貴殿のキャラ次第だが、彼女が受け取った音楽に「お金で買えない価値」が宿るかどうかは、あなたのセレクション次第だ。きっと。

素敵な曲を次々と受け取って、ドーパミンダダ漏れになった彼女は来たる素敵な日に、感謝の気持ちをハートフルなチョコレートに込めてプレゼントしてくれるはず。…なーに、もしチョコレートが届かなかったら、その時はその時。みんなで来年の作戦を一緒に考えようじゃないか。

最後に、バレンタインデーにチョコレートを贈る、という慣習に飽きがきていたり、もしくは気になる男性が甘いものが好きではないと胸を痛めている女の子にも曲のプレゼントは最高のアイテムになる。iTunes Storeでは、「Love」が溢れた楽曲を集めた「バレンタインデー」ページを展開中。チョコレートの代わりに、チョコレートより気持ちが伝わる素敵なラヴソングをプレゼントして、あこがれのあの人とドキドキ急接近、Sweetな関係にまでなっちゃってみてはいかがだろうか。

「やっぱりバレンタインにはチョコレートで!」という女の子には、最適なiPhone / iPod touch用のアプリがある。「チョコスイーツレシピ51」には、51種類のチョコレート・スイーツの作り方が収録。その中には、きっとあなたの51(恋)を応援してくれるようなチョコが見つかるはずだ。

というわけで、残り一週間を切ったバレンタイン。男の子も女の子も甘ーい大作戦を展開し、恋愛生き残り戦争の勝利者ラヴ・サヴァイヴァーになってほしい。健闘を祈る。

◆ 2009年バレンタインデー、本命のカレはこう落とせ(2009年の作戦)
◆恋の成就に必要なiTunesのラヴソング…(2008年の作戦)
◆全国の男子諸君に贈る、BARKS流“好きなあの娘からチョコレートをもらう方法”(2007年の作戦)
◆iTunes Store 「バレンタインデー」ページ(iTunesが開きます)