水曜日(2月23日)、英音楽誌『NME』が主催する<NME Awards 2011>の受賞アーティスト/作品が発表された。

2011年はマイ・ケミカル・ロマンスが最多の2部門(最優秀インターナショナル・バンド、最優秀ビデオ)を受賞。最多の5部門(ブリティッシュ・バンド、最優秀ライヴ・バンド、最優秀アルバム、最優秀トラック、最優秀アートワーク)で候補に挙がったフォールズは最優秀トラックの1部門を獲得するに終わった。

最優秀ブリティッシュ・バンドは昨年に続きミューズのもとに。フロントマン、マット・ベラミーがHottest Man(最もホットな男性)に選ばれるのも2年連続、通算4度目となる。

また、ジャスティン・ビーバーもワースト・ドレッサー、ワースト・アルバムの2部門に選ばれている。

<NME Awards 2011>主要部門の受賞は以下の通り。

●最優秀ブリティッシュ・バンド
ミューズ

●最優秀インターナショナル・バンド
マイ・ケミカル・ロマンス

●最優秀ソロ・アーティスト
ローラ・マーリング

●最優秀ニュー・バンド
Hurts

●最優秀ライヴ・バンド
ビッフィ・クライロ

●最優秀アルバム
アーケイド・ファイア『The Suburbs』

●最優秀トラック
フォールズ「Spanish Sahara」

●最優秀ビデオ
マイ・ケミカル・ロマンス「Na Na Na (Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」

●最優秀フェスティヴァル
グラストンベリー

●最優秀ダンスフロアー・フィラー(ダンス・トラック)
Professor Green「Jungle」

●ヒーロー・オブ・ザ・イヤー(今年のヒーロー)
レディー・ガガ

●ヴィラン・オブ・ザ・イヤー(今年の悪者)
デヴィッド・キャメロン(首相)

●モスト・スタイリッシュ(ベストドレッサー)
ブランドン・フラワーズ(キラーズ)

●レス・スタイリッシュ(ワーストドレッサー)
ジャスティン・ビーバー

●ワースト・アルバム
ジャスティン・ビーバー『My World』

●ワースト・バンド
ジョナス・ブラザーズ

●最優秀バンド・ブログ/Twitter
ヘイリー・ウィリアムス(パラモア)

●最優秀ブック
ジョン・ライドン『My Rottetn's Scrapbook』

●最優秀アルバム・アートワーク
クラクソンズ『Surfing The Void』

●Hottest Woman(最もホットな女性)
アリソン・モシャート(ザ・キルズ/デッド・ウェザー)

●Hottest Man(最もホットな男性)
マット・ベラミー(ミューズ)

●Philip Hall Radar Award
The Naked And Famous

●Teenage Cancer Trust Outstanding Contribution to Music (功労賞)
PJ・ハーヴェイ

●John Peel Award for Innovation
クリスタル・キャッスルズ

●Godlike Genius
デイヴ・グロール

Ako Suzuki, London