ローランドから、ボーカル・トレーナー「VT-12」が登場した。コンパクトでスポーティなルックスに、「ボーカル・トレーナー」というちょっと聞きなれない名前が付いているこの新製品。自分専属のボーカル・トレーナーとして活躍してくれるボーカリストのための心強いアイテムとなっている。

最大の特徴は、音楽の名門校「バークリー音楽大学」の出版部門「バークリー・プレス」制作の教則本や練習曲などを使って、初心者から上級者まで楽しみながら歌が上達できること。歌いながら音程を確認できるチューナーをはじめ、毎日飽きずに続けられる練習曲や機能が充実。カラオケ好きやバンドのボーカリストはもちろん、コーラスやアカペラ・グループ、ボーカル教室に通う生徒など、歌がうまくなりたいすべての人に、新たな歌の楽しみ方を提案する意欲的なアイテムなのだ。

■ボーカリストのための新しいチューナー

練習の基本となるのは、内蔵チューナーで、歌いながらリアルタイムに自分の声のピッチ(音程)の正確さを確認すること。本体中央部左に設けられたマイクから声を拾い、上半分に並んだ音名で音を確認。音名は円周上に並んでおり、音の上下が目で追いやすいのが第一のポイント。音名が大きく表示されるのもわかりやすい。

ピッチが合うと音名が明るく点灯。そして、円の中央の2つの三角形の緑のインジケーター(左が♭、右が♯)が点灯し、検出したピッチが正しいかをチェックできる。逆にピッチがずれると音名の点灯は薄くなり、緑のインジケーターが消灯する。インジケーターの動作そのものは、楽器用のチューナーでも見られるものだが、ここにも「VT-12」ならではの工夫がなされている。

ボーカルはピッチが不安定なので、通常の楽器用チューナーは精度の問題からボーカル練習には向かない。しかし、本機のチューナーはボーカル用にチューニングされており、練習に最適な結果が得られる。反応が速いのもウリだ。

また、2声同時検出にも対応しているのも大きな特徴。2人で同時にピッチの確認ができるのだ。これは世界初の技術として開発されたもので、コーラスやアカペラの練習の際のパートナーとのハーモニー練習に最適な仕様となっている。純正律/平均律の両方に対応するので、さまざまな音楽に対応可能だ。

さらに、音感のトレーニングに効果的な基準音も用意する。練習時に歌う前に、基準音を聴いて正しい音程を確認。基準音は半音階で設定でき、再生するとチューナーに基準音の音程と自分の声の音程が同時に表示される。正しい音程を確認しながら練習できるので、効果的に音感を磨くことができるというわけだ。これに加えてメトロノームを使用することで、同時にリズム感をトレーニングすることも可能だ。

■練習曲でやる気アップ

ボーカル・トレーニングは継続することが重要。ボーカルは「体が楽器」なので、毎日続ける必要があるのだ。とはいえ、ピッチのチェックだけではいまひとつ気分が盛り上がらないという人も多いはず。そこで利用したいのが練習曲。「VT-12」には毎日のトレーニングのやる気をアップさせてくれる練習曲が内蔵されている。


練習曲はメロディーと伴奏で構成される。まずはその両方(お手本)を聴きメロディをチェック。続いて伴奏のみのマイナス・ワン演奏を再生、これに合わせて歌う。この際に歌った声は自動で録音され、「REVIEW」ボタンで伴奏とともに再生されるので、チューナーでピッチを確認するというのが、練習曲を使用したトレーニングの流れだ。練習後にすぐに自分の歌声が確認可能なので、上達が実感できるのがこのトレーニングのキモ。練習の成果がその場でフィードバックできるので、モチベーションが継続できるというわけだ。

練習曲は、ポップスやロック、ジャズやラテンからクラシックまで全26曲、多彩なジャンルが収録され、毎日飽きることなく続けられるのも大きな魅力だ。操作面では、面倒な階層メニューもなく、気軽にさまざまな練習曲が試せるのも特筆すべき点だろう。

これらの練習曲は、バークリー音楽大学教授による教則本に沿ったもの。のどを温めるための「ウォームアップ」と、声域を広げ表現力を磨く「エクササイズ」の練習モードを用意、目的に応じた練習ができる。また、ボーカル・レッスンのワールド・スタンダードとされる「コンコーネ50番中声用」も、50曲全曲内蔵。声楽の基礎がしっかり固められる。さらに携帯音楽プレーヤーを接続すれば、好きな楽曲を取り込むことも可能。課題曲や新たに挑戦したい楽曲などで練習することができるようになっている。

■確かなメソッドの練習ガイドブック

効果的な練習をサポートするために、冒頭で触れた教則本が付属する点も「VT-12」ならでは。音楽の世界的な名門校として数々のアーティストを輩出してきたバークリー音楽大学の出版部門「バークリー・プレス」が制作した「Vocal Workouts for the Contemporary Singer」が同梱されている。


▲付属の練習ガイドブック。Copyright ©2006 by Brklee Press
歌う前に体の筋肉をほぐし、正しい姿勢をキープする「ストレッチ」の方法などが図解されるのをはじめ、「VT-12」に収録された練習曲を使った「ウォーム・アップ」「エクササイズ」といったボーカル・レッスンの流れが示される。呼吸法から上級のテクニックまで、まさに理論と実践で楽しみながら上達できるのだ。

これまでボーカル練習というと、音を出す楽器や確認するための録音機材、チューナー、メトロノームといった機材が多数必要だった。しかし、「VT-12」ならこれらすべての機能が1台に収められている。しかも、片手で持てるコンパクトなボディ&電池駆動可能(単三乾電池×2)で、手軽に持ち運べる。いつでもボーカル練習がスタートできる環境がここにはあるのだ。

「VT-12」の本体カラーはブラック、メタリック・オレンジ、アクア・ブルーの3色をラインナップ。好きなカラーが選べるのもうれしいところだ。ブラックはすでに発売済みで、ほかの2色は11月下旬発売となる。

ローランドのサイトには、内蔵曲を使った楽しい練習方法などを紹介するムービーが掲載されている。付属教則本の著者「バークリー音楽大学」ボイス科教授 アン・ベッカム氏も登場するこのムービー。ボーカル上達を目指す人は、まずこちらをチェックしたい。


●チューナー
測定範囲:C2(65.4Hz)~A5(880.0Hz)
内部測定精度:±1セント
基準音発音:基準周波数 A4=415~465Hz(1Hz単位)、発音範囲 A3~G#5(半音ごと、24個)
●メトロノーム
テンポ:30~250/分、精度±0.1%
●ユーザー・トラック
トラックの長さ:最大10分(1トラックあたり)
トラック数:最大10トラック
●入出力
規定入力レベル:REC IN端子=0dBu
入力インピーダンス:REC IN端子=9.5kΩ
出力レベル OUTPUT/PHONES端子=15mW+15mW(16Ω負荷時)
推奨負荷インピーダンス:16Ω以上
●その他
内蔵スピーカー:モノラル
接続端子:OUTPUT/PHONES端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、REC IN端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、DC IN端子
ディスプレイ:7セグメント3桁(LED)、ピッチ・インジケーター
電源:アルカリ電池または充電式ニッケル水素電池(単3形)×2本、ACアダプター(別売)
消費電流:380mA
連続使用時の電池の寿命:アルカリ電池=約6時間
※電池の仕様や使用状態によって異なります。
付属品:アルカリ電池(単3形)×2本、ドレミ・シート、取扱説明書、練習ガイド、トラック・リスト、保証書、ローランド ユーザー登録カード
別売品:キャリング・ポーチ(OP-RP1)、ACアダプター(PSB-6U)
※お買い求めの際は、PSB6U-100(PSB-6Uと電源コードのセット)をご指定ください。
●外形寸法 / 質量 (電池を含む)
70 mm(W) × 134 mm(D) × 28 mm(H)、質量 150 g

◆VT-12
価格:オープン(予想実売価格 1万5千円前後)
発売日:2012年9月14日(ブラック)、11月下旬(メタリック・オレンジ、アクア・ブルー)
オプション:キャリング・ポーチOP-RP1、ACアダプターPSB-6U

◆VT-12 製品詳細ページ
◆製品解説ムービー Vocal Trainer VT-12 Tutorial Movie
◆ローランド
◆ローランド2012年秋の新製品、フラッグシップ音源モジュールやボーカル向け練習ツールなど大量投入
◆ローランド チャンネル
◆BARKS 楽器チャンネル