ザ・ビートルズ・アイテムのファイナル・ウェポンというべき待望の作品が登場する。スタジオ・アルバム・リマスターを180gアナログ盤でリリースするというプロダクトだ。

◆ボックス・エディション画像

ザ・ビートルズのアルバムをアナログ盤で出してほしいという声はつねに高かった。現に2011年のアメリカで最大の売り上げを記録したアナログ盤のLPは『アビイ・ロード』であった。CDで世界中のチャートを席巻し発売7カ月で1,700万枚というセールスを記録した2009年のCDリマスターの成功を受け、今回EMIアビイ・ロード・スタジオに集結したサウンドのエキスパートたちは、アナログ盤LPの新たなバージョンを作り出すために、一切の妥協を排除し、アナログ盤の完成を導いたという。

14作のアルバムは、『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』のポスター、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のカットアウト、そして一部のアルバムで用いられた特製のインナー・スリーヴといったディテールもふくめ、オリジナルのアートワークを完全に再現した180gの重量盤でリリースされる。各アルバムは単体でも発売されるが、全世界5万セット限定の豪華なボックス・エディションには、美麗にデザインされた全252ページの12インチ×12インチのサイズを誇るすばらしいハードカバー本が同梱される予定だ。

この本は、受賞経験のあるラジオ・プロデューサー、ケヴィン・ハウレットの執筆になるもので、個々のアルバムを取り上げた章のほかに、リマスターの作成とアナログ盤が生まれるまでの過程を追ったセクションをフィーチャーしている。また、ザ・ビートルズの全レコーディング・キャリアをカバーした写真がたっぷり掲載され、2009年に出たCDのブックレットには未掲載の写真も数多く含まれているという。

今回発売されるのは、1963年から1970年までの期間にザ・ビートルズが発表した12作のUKオリジナル盤と、現在ではグループのコア・カタログに加えられたアメリカ編集の『マジカル・ミステリー・ツアー』、そしてアルバム未収録のA面曲とB面曲、EP収録曲、レアリティーズをフィーチャーした『パスト・マスターズ・ヴォリューム1&2』だ。最初のアルバム4作のアナログ・ステレオ盤が北米でリリースされるのは、今回がはじめてとなる。なお、2013年にはモノ・ヴァージョンのリマスターがアナログ盤デビューを飾る予定となっている。こちらも楽しみだ。

ザ・ビートルズ・スタジオ・アルバム・リマスター・アナログ盤シリーズ
2012年11月14日 日本発売(英国11月12日、北米11月13日発売)
輸入国内盤仕様(日本語ブックレット以外はEUからの輸入)
1LP:3,800円 2LP:4,800円
*英語ブックレット翻訳、日本語解説、歌詞&対訳付
BOXセット:59,800円
*英語豪華本翻訳、日本語解説、歌詞&対訳付

【ステレオ・アルバム】
『プリーズ・プリーズ・ミー』(「ラヴ・ミー・ドゥ」と「P.S.アイ・ラヴ・ユー」はモノで収録)
『ウィズ・ザ・ビートルズ』
『ハード・デイズ・ナイト』
『ビートルズ・フォー・セール』
『ヘルプ!』(ジョージ・マーティンによる1986年版のステレオ・ミックスを使用)
『ラバー・ソウル』(ジョージ・マーティンによる1986年版のステレオ・ミックスを使用)
『リボルバー』
『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(サイケデリックなインナー・スリーヴと厚紙のカットアウト・シートのレプリカ、および追加のインサートを同梱)
『マジカル・ミステリー・ツアー』(24ページのカラー・ブックレットを同梱)
『ザ・ビートルズ(2枚組)』(ダブル・サイズのフォト・モンタージュ/歌詞カードと4人のメンバーひとりひとりのポートレートを同梱)
『イエロー・サブマリン』(「オンリー・ア・ノーザン・ソング」はモノで収録。追加のインサートには、アメリカ・オリジナル盤のライナー・ノーツを掲載)
『アビイ・ロード』
『レット・イット・ビー』
『パスト・マスターズ(2枚組)』(「ラヴ・ミー・ドゥ(オリジナル・シングル・ヴァージョン)」、「シー・ラヴズ・ユー」、「アイル・ゲット・ユー」、「ユー・ノウ・マイ・ネーム」はモノで収録。パッケージ、ライナー・ノーツ、掲載写真は2009年版のCDと同様)
『BOXセット』(上記ステレオ・アルバム全て、及び252ページの美麗ハードカヴァー本が同梱されたボックス・セット)

◆ザ・ビートルズ・オフィシャルサイト