【ライブレポート】HERO、天真爛漫に突き進む“ひとりぼっちをひとりも作らせない”ライブ /HEROのPV・新曲・ライブ・チケット情報はBARKS音楽ニュース

邦楽・洋楽アーティストのニュース、ライブ・チケット情報、PV・インタビュー等

BARKS バークス

アーティスト情報

ARTIST

【ライブレポート】HERO、天真爛漫に突き進む“ひとりぼっちをひとりも作らせない”ライブ


結成から5年目を迎えた2012年は、HEROにとって実り多き年だった。まず1月にリリースしたシングル「色合せの法則」がオリコン・インディーズ・シングル・ウィークリー・ランキングで1位を獲得すると、4月には2011年に埋めることのできなかった赤坂BLITZをソールドアウト。さらに、6月に発表したアルバム『to you...』が同インディーズチャートで1位を獲得したほか、夏のワンマンツアーは全公演完売、8月にリリースしたシングル「テノヒラ」は人気アニメ「フェアリーテイル」の主題歌にもなった。

◆HERO画像

現在ノリにノッているHEROの新年一発目のライブは、年末から始まったワンマンツアー<フェスティバル>のセミ・ファイナルとなる恵比寿リキッドルーム公演。4月27日に開催されるツアー・ファイナル、Zepp Tokyoに向かって盛り上げている最中とあって、超満員のオーディエンスの期待と興奮もひとしおだ。

開演時間ちょうどに客電が落ちると、大きな拍手が湧きあがり、メンバーがひとりずつステージへ登場する。これまでのラフなスタイルを脱ぎ捨て、シックなブラックスーツでの登場に気迫を感じる。しかし、彼らの意気込みは衣装だけでなく、ライブ冒頭にも表れていた。

今夜の1曲目に選ばれたのは、以前ステージで大失敗を経験したバラード「25億秒の使い方。」だった。「みんなの前でまだ2回しかやったことのない曲をやります。トラウマを克服したので、一緒に歌ってください」というボーカリストJINの言葉から、静かにライブはスタートした。この曲は、人生を80年=25億秒としたとき、そのうちの何億秒を愛する人に使えるかという歌詞を持つ。柔らかく、そして温かい歌い出しからだんだんと力強くなっていくサウンドに共鳴するように、ステージ後方から眩い光が差し込むとても美しいオープニングだった。ミスひとつなく歌い終えると「…よし、歌えた!」と、あからさまにホッとするのもまた、JINらしい。その後は、すっかりライブの定番曲となった「テノヒラ」「to you...」と続き、オーディエンスと一緒になって飛んで跳ねて音の波をサーフしていく。

緊張感があったオープニングを乗り切ると、あとはもうすべてを出し尽くすだけ…と思いきや、やはりライブには魔物が潜んでいるようで、久しぶりに演奏した曲の歌詞をうっかり忘れてアドリブで歌ったり、急にマイクの音が出なくなったりとトラブルに見舞われることも。以前はそんな些細なミスが命取りになっていたHEROだが、結成6年目を迎え、経験と自信、そしてメンバー間の絆も強めた彼らには怖いものなどない。すべてをパワーと笑いに変えてオーディエンスを楽しませていた。2月13日に発売するシングルのカップリングも披露した中盤戦からの流れは、HEROの持ち味である最高に明るく、突き抜けたミクスチャー・ロックで会場をとことん盛り上げた。

アンコールを求める会場からの「出てこいや!」の掛け声に応え、再びステージに現れたメンバー。「今日、久しぶりの曲をたくさんやったよね。楽しかった?」とJINが振り返った通り、この日は定番曲のほかに、ライブでは不得意だった曲やご無沙汰のナンバー、新曲もラインナップに取り入れた実験的なものだった。だが、どの曲が始まっても、ずっとライブで演奏してきた曲だっけ?と錯覚してしまうほど、会場のボルテージは上がりっぱなし。何を演奏しても絶対に楽しませる、そんな彼らの決意がこのステージを作り上げていた。

どこにこんな体力が残っていたの!?と思うほどパワフルなアンコール。鉄板曲の「人間定義」では、金沢公演から取り入れたという“友達タイム”を実行。曲中の煽り部分で、ファン同士が握手をして回るという実に奇抜な光景が広がった。“ひとりぼっちをひとりも作らせない”ライブを信条とするHEROの、一風変わったアイデアには度肝を抜かれたが、実際にファン同士のコミュニケーションが広がっているのだから感嘆する。

全18曲をきっちり2時間に詰め込んで終了した今回のセミ・ファイナルは、総括するとHEROの魅力をぎゅっと詰め込んだ内容だった。だがトラブル処理も含め、また一歩成長した姿を4月27日のZepp Tokyoで見せてほしいという欲も生まれた。そのツアー・ファイナルのタイトルは<エンディング>。何が終わり、何が始まるのか。少しの不安と大きな期待がよぎるが、天真爛漫に突き進む彼らを見ていると、Zepp Tokyoでもシレッとデカイことをやってくれそうな予感がする。

ワンマンツアー<フェスティバル>~セミファイナル~
2013.01.06@恵比寿リキッドルーム
1.「25億秒の使い方。」
2.「テノヒラ」
3.「to you...」
4.アルコ&ピッツィカート
5.罪と罰
6.「Not Found」
7.翼が折れて迷宮に迷い込んだ漆黒の天使
8.Mr.Maker(新曲)
9.「色合せの法則」
10.Ring a Ding a Song
11.ロン
12.カゾエウタ。
13.「Life」
14.Oh My God!!
15.「ソプラノ」
ENCORE
16.セツナウタ。
17.人間定義
18.超過激愛歌~Super Ultra Lovesong~

NEW SINGLE「相対性理論」
2013年2月13日(水)発売
【初回限定盤A】
CD+DVD(PV) 2曲収録
SFCD-001 \¥1,890(tax in)
【初回限定盤B】
CD+ブックレット(20P) 3曲収録
SFCD-002 \¥1,890(tax in)
【通常盤】
CD 3曲収録
SFCD-003 \¥1,260(tax in)

◆HEROオフィシャルサイト

BARKS NEWS READER スマートフォン版 BARKSアニメ・ゲーム 日本のカワイイを世界に発信! Kawaii Girl Japan