ビヨンセが、黒人女性向けの米エッセンス誌が主催する<エッセンス・ミュージック・フェスティバル2013>のヘッドライナーを務めることになった。7月4日から7日にかけてニューオーリンズで開催される同フェスには、すでにLL・クール・J、ブランディ、チャーリー・ウィルソン、ニュー・エディション、ブラックストリートなどの出演が決定している。

◆ビヨンセ画像

フェスのオーガナイザー、ミシェル・エバンクスはビヨンセの参加が決定したことについて喜びのコメントを残している。「私達は2013年の<エッセンス・ミュージック・フェスティバル>のラインナップにビヨンセを迎えることができて、心から喜んでいます。ビヨンセは完璧なエッセンスを持ち備えた女性ですから」「先日ニューオーリンズで開催されたスーパー・ボウルでのビヨンセのハーフタイムショーを見逃した方は、是非とも7月4日の週末に行われる私達のフェスティバルに来てライブを堪能してください。エッセンス・フェスティバルは、ホットな音楽、文化、アート、そしてエンターテイメント全てをお届けするイベントです。そしてその全ての要素を兼ね備えている才能の塊がビヨンセなのです」

公式ウェブサイトにて発売中のチケットは、130ドル50セント(約1万2000円)の一般席から2700ドル(約25万円)のVIP席まで幅広く用意されている。

ビヨンセは、4月からセルビアを皮切りにワールド・ツアー「ミセス・カーター・ショー」をスタートさせる予定となっている。