ジョニー・マーの2ndソロ・アルバム『プレイランド』日本国内盤が10月22日(水)にリリースされる。

◆ジョニー・マー画像

ザ・スミスのギタリストとしてデビューを果たし、UKロック/ブリット・ポップに多大な影響を与えるカリスマ的存在であるジョニー・マーだが、全英トップ10入りの大ヒットとなった初のソロ名義でのアルバム『ザ・メッセンジャー』から1年余りで2作目を完成させた。

前作のリリース・ツアーが終了した直後にロンドンでレコーディングされた本作は、前作に引き続き、かつてザ・ヒーラーズとして共に活動していたジェイムズ・ドヴィアックとのコラボレーション、および共同プロデュースによるもので、参加ミュージシャンについても前作と同じメンバーで構成されたという。

「『ザ・メッセンジャー』を発表してからすぐ、俺は楽曲を書き始めていた。バンドとしてツアーを続けることで、非常に素晴らしい瞬間を共に作り上げられるようになったし、なによりオーディエンスとの関係性も素晴らしいものだったから、新しいアルバムにこのエネルギーをそのまま持ち込むべきだ、と考えたんだ。自分を取り巻く環境を音として表現するのはとても重要なことなんだ。このアルバムにとってその環境とは、ロンドンとマンチェスターだった。この街と、この街に住む人々が作り出す感覚が、音楽となってここに表現されているんだ」──ジョニー・マー

アルバム・タイトルは、“遊戯人”を意味する『ホモ・ルーデンス』というオランダの歴史学者ヨハン・ホイジンガの書物にインスパイアされたもので、“人生の速度と共に移ろい続ける曲”という共通のテーマのもとに書き上げられたという。前作のスピリットをより大きく捉え、エネルギーに満ちたポスト・パンク的ソングライティング、独自の特徴的なギター・スタイル、思いを巡らせる歌詞、まるで空中を漂うように鳴り響くメロディ・ラインが作品をインパクトあるものへ昇華させている。

なお、本作のリード・シングル「イージー・マネー」のミュージック・ビデオがすでに公開中のほか、iTunes Storeではアルバムの予約注文をすると、プレオーダー特典として同曲がその場でダウンロードできる。


2ndソロ・アルバム『プレイランド』
2014年10月22日(水)発売
WPCR-16135 2,457円
1.バック・イン・ザ・ボックス
2.イージー・マネー
3.ダイナモ
4.キャンディデイト
5.25アワーズ
6.ザ・トラップ
7.プレイランド
8.スピーク・アウト・リーチ・アウト
9.ボーイズ・ゲット・ストレイト
10.ディス・テンション
11.リトル・キング
12.ユーズ・ミー・アップ(日本盤ボーナス・トラック)
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/album/playland/id899191664
※iTunes Storeは米国及びその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

◆ジョニー・マー・オフィシャルサイト
◆ジョニー・マー・オフィシャルサイト(海外)
◆ジョニー・マー・オフィシャルFacebook