デヴィッド・ボウイがベストアルバムに新曲を収録するようだ。

◆デヴィッド・ボウイ画像

1年以上ぶりの新曲となる「スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)」を発表し、この曲は発売予定のグレイテスト・ヒッツ・アルバム『ナッシング・ハズ・チェンジド』に収録されるという。アルバム『ヒーザン』の収録曲「サンデー」の歌詞の一節から名付けられたこのアルバムには、「ライザ・ジェーン」や「キャント・ヘルプ・シンキング・アバウト・ミー」など初期のヒットを含めたボウイの50年に渡るキャリアの中から厳選された楽曲が収録される。

長年のコラボレーターであるトニー・ヴィスコンティと共に『ナッシング・ハズ・チェンジド』に向けて特別にレコーディングされた「スー」は、アルバム発売日と同時に限定版シングルとデジタルダウンロードで発売される。この新曲のほかには『トイ』のセッションからの未発表曲「レット・ミー・スリープ・ビサイド・ユー」やダウンロードのみで発表された「ユア・ターン・トゥ・ドライブ」、1971年作の『シャドウマン』のアウトテイクを2001年に再集録したバージョンも今回CDに収録される予定だ。

『ナッシング・ハズ・チェンジド』は11月17日に発売となる。