ビリー・アイドルは、いつか、ジェネレーションXを復活させNYでプレイしてみたいと考えているそうだ。意外だが、ジェネレーションXは一度もアメリカでパフォーマンスしたことがないという。

◆ビリー・アイドル画像

ビリーは『New York Post』紙にこう話した。「俺らにとって、ニューヨークはパンクってだけでなく音楽のメッカだった…。ジェネレーションXで行ってみたいと思っていた場所のひとつだったよ。いまでも、いつか実現させたいって思っている。あいつらとまた一緒にやりたいよ」「俺ら全員、まだ生きてるんだ。俺らがやるのを止めるものは何もない…、性格ってものを除けば」

1976~1981年の間活動したジェネレーションXは、1993年、ロンドンで行われたビリーの公演でリユニオンしたことがある。

ビリー・アイドルは来週(10月21日)、およそ10年ぶりのスタジオ・アルバムとなる『Kings & Queens Of The Underground』をリリースする。収録曲の大半はトレヴァー・ホーンがプロデュース。2曲は、ケリー・クラークソンやケイティ・ペリー、ラナ・デル・レイなどの作品で知られるザ・バード・アンド・ザ・ビーのグレッグ・カースティンが手がけた。

Ako Suzuki