2月1日、都内スタジオにてファン50人を集めて開催された<みんなで歌おう “瞳”レコーディング>にサプライズ登場した大原櫻子。イベントには、“大原櫻子に近づきたい”“櫻子ちゃんみたいになりたい”という想いに溢れた参加者の姿も数多く見られた。というわけで、イベント終了後のインタビューでは、「大原櫻子になる方法」についても訊くことができた。

「メイクだったら……なんだろ……何があるの、私(笑)。印象深いところとかないんですけど……チーク。チークとリップと……「色」。色には結構こだわってるかもしれない。その時の気分にもよるんですけど、パープルオレンジっていうんですか。すごく気に入っていて。オレンジっぽくピンクっぽく。あれは私色だと勝手に(笑)。私のお気に入りの色でもあるので。今日リップどうするってなったら、その色で……あ、パープルオレンジじゃない! コーラルピンク!! いや、コーラルピンクはちょっとオレンジっぽいんですよ(笑)。」

「(ボブは)ボリュームが人よりあるかも。普段がペシャンってなっちゃってるんですけど、出かけたり、お仕事している時はボリューム出して、ふわっと感。マットなボブじゃなくて、ふわっとさせるボブが私かな、って。」

「ファッションは……んーと。あんまりごちゃごちゃしない。シンプル。だけど、形と色にはこだわります。……んー、シンプルに見えて形がオシャレだったりが好きで、あんまりピタッとしているのより、余裕があるのを着ますね。ピチっとしている服は着ないです。色はピンクが好きなので。でも最近はそうでもないかもしれないですけど、赤、白、とか。その服ひとつの中にいろいろ入っているのではなくて、ひと目でその色ってわかるようなのを着てます。あんまりガーリーというか、女の子フリフリみたいなのではないんですけど、カジュアルで、あんまりボーイッシュではない服が多いです。」

「今日のネイルは、自分でやりました。まず衣装でキメるんですけど、コートが決まって。これに合う、パキッとした色にしようと思って。で、コートと似たような色にして、ちょっと寂しいからラメ入れようかって。オレンジとゴールドです。」

  ◆  ◆  ◆

というわけでまとめると、メイクの差し色にはコーラルピンクを用いて、髪型はふわっと感のあるボブ、そしてカジュアルであんまりボーイッシュではない服と、その服に合わせたネイルで、大原櫻子になれる……かもしれない。