BREAKERZのギタリストAKIHIDEが2月28日、東京国際フォーラムホールCにてソロキャリア初となるホール公演<AKIHIDE Special Live 月と星のキャラバン ~旅の終わり、そして始まり~>を開催した。先ごろ公開した速報レポートに続いて、よりAKIHIDEのギタープレイ&サウンドにフォーカスした詳細レポートをお届けしたい。

◆AKIHIDE 画像

熱心な音楽リスナーにも、“いろいろなジャンルの音楽を楽しんでいるがインストゥルメンタルはあまり聴かない”という人は意外と多い。理由としては、歌が聴きたい、歌詞がないから何を伝えたいのか分かりにくい、自分は楽器をやっていないから面白さが分からない、難しそう…などといったことが挙げられる。そういったことが折り重なって、“インストゥルメンタル=取っ付きにくい音楽”というイメージがあるようだ。

そんな中、インストゥルメンタルをメインにした形態でソロ活動を行ない、4枚のアルバムをリリースしたうえ、意欲的にツアーを行なって初のホール公演を実現させるという、ある意味、快挙とも言える活動を成し遂げたのが、AKIHIDEだ。ライブの動員が厳しいとも言われるインストゥルメンタル公演で、国際フォーラム ホールCを満杯にしたのは彼が提示する音楽の良質さに加えて、AKIHIDEならではのスタンスも大きな要因でもある。

前アルバム『RAIN STORY』を制作するにあたってAKIHIDEは最初に“雨”をテーマにしたオリジナルストーリーを考案。その後、ストーリーの各章を表現する楽曲を作り、絵本(ブックレット)と楽曲をセットにしてパッケージするというアプローチを採った。そうしてインストの“歌詞がないから何を伝えたいのか分かりにくい”という部分を排除したのである。『RAIN STORY』の手法は最新アルバム『月と星のキャラバン』にも継承(今回は月に住む4匹のウサギが地球を訪れて各地を旅するストーリー)されていて、音楽世界の魅力をさらに高めている。

さらに、AKIHIDEはライブを行なう時に、それぞれの楽曲がどういう情景を表現しているのか、どういう想いが込められているのかといったことを話しながらステージを進めていくスタイルを選択している。インストゥルメンタルを親しみやすいものにしたいという想いが功を奏して、彼のライブはインストゥルメンタルにあまり馴染みのないリスナーも楽しめるものになっているのが特徴的だ。

アルバム『月と星のキャラバン』の締め括りとなる国際フォーラム ホールCのライブも観応えのあるライブになるに違いないという期待を胸に、会場へと足を運んだ。

クラシカルなオープニングSEに続けてステージにAKIHIDEが姿を現し、客席から拍手と歓声が湧きあがる中、ライブは「Aurora」から始まった。テイスティーなメロディーパートとジャジー&テクニカルなソロパートを活かしたAKIHIDEのギター、そしてバック陣が奏でる安定したサウンドの取り合わせは心地好さに満ちている。微笑みを浮かべてギターを弾くAKIHIDEの姿も相まって、ライブは上々の滑り出しとなった。

「皆様、“月と星のキャラバン スペシャルライブ”に、ようこそ。ブックレットのウサギ達と同じように音の旅を続けて、なにか素敵なものを持って帰ってもらえるようなライブにしたいと思います」──AKIHIDE

という最初のMCを挟んだ後、オリエンタルテイストを活かした「Electrical Pirates」や、アンデス地方の空気感を纏った「Starlight Wizard」、メロウなジャズパートからメカニカルな中間部へと移行する「Machine Heart Blues」などを相次いでプレイ。各曲の世界観を巧みに描いた楽曲とバック陣も含めた高度な表現力は実に見事で、実際に世界各地を巡っているような感覚を味わせてくれた。

幅広い曲調に合わせたAKIHIDEのフレキシブルなプレイも聴き応えのあるものだった。エレクトリックシタールを使って深淵な世界を創り上げた「Silver Rain」や、アーミングとワーミーを併用したトリッキーなプレイを展開した「Electrical Pirates」、ジャジーなアプローチとホットなギターソロの対比が光る「Machine Heart Blues」など、多彩かつハイレベルなギタープレイはさすがの一言。ギタリストとして、彼がさらなる熟成を遂げていることを随所で感じさせた。

アコースティックセクションとなったライブ中盤では、ガットギターの独奏で聴かせた「Moon River」(カバー曲)を皮切りに、アコースティックギターとピアノのみのアレンジで披露した「Lapis Lazuli」や、ガットギターとピアノ、サックス形態による「Namida」などが演奏された。ウォームかつ繊細なアコースティックサウンドも魅力的で、アコースティックセクションをライブの場面転換で終わらせることなく、オーディンスを楽しませる手腕が光っていた。

『ハウルの動く城』のテーマ曲「人生のメリーゴーランド」で幕を開けた後半では、シャッフルチューンの「Gypsy Sweets」やアッパーな「AMAOTO QUARTET」、躍動感に溢れた「DEVIL’S TRUMPET」などを続けてプレイ。ロックフィーリングを湛えたAKIHIDEのステージングや生き生きとしたサウンド、「Ring」で行なわれたハンドクラップによるコール&レスポンスなどが重なり合って、ライブ後半の場内は温かみと華やかさに溢れた盛り上がりを見せた。

「どうか月や星のように、皆さんの光になる音楽であることを願います」というAKIHIDEの言葉と共に、本編ラストは「月と星のキャラバン」を披露。ステージと客席が一体になって盛り上がった後、郷愁感を纏ったスローチューンで本編を締める辺りは本当に心憎い。巧みな構成が決まって、AKIHIDEがステージから去った国際フォーラムの場内は、心地好い余韻に満たされていた。なお、アンコールでは、1stアルバム『Amber』から「Hello! Mr. Sadness」「黒猫のTango」とボーカルナンバーが演奏されるなど、インストの本編と切り離したライブ構成や、ソロ集大成を感じさせる選曲も実に見事なものだった。

ホール公演ながら大掛かりな演出などに頼ることなく、純粋に音楽だけでオーディンスを満足させるライブを披露したAKIHIDE。ハイクオリティーな楽曲やプレイに加えて、AKIHIDEの人柄も彼のライブの魅力といえる。オーディンスに対して上目線で、一方的に音楽を聴かせるパターンとは異なり、プレイや言葉、表情、ステージングといったすべてのことから、彼のオーディエンスに対する感謝の気持ちや、一緒に楽しみたいというピュアな想いが伝わってきた。独自の手法でインストゥルメンタルシーンの新たな道を切り拓いたことを実感させるライブだったこともあり、今後もぜひ意欲的にソロ活動を行なってほしいと思う。

取材・文◎村上孝之

■<AKIHIDE Special Live 月と星のキャラバン ~旅の終わり、そして始まり~>
2015年2月28日@東京国際フォーラムホールC
Opening Movie~Moon Wind~
1. Aurora
2. Silver Rain
3. Electrical Pirates
4. Starlight Wizard
5. Machine Heart Blues
6. Moon River (cover)
7. Lapis Lazuli
8. Namida
9. Warrior
10. 人生のメリーゴーランド (cover)
11. Gypsy Sweets
12. AMAOTO QUALTET
13. DEVIL’S TRUMPET
14. Ring
15. 月と星のキャラバ ン
Encore
16. 待雪草(新曲)
17. Hello! Mr. Sadness
18. 黒猫のTango
Ending Movie


■New Album『月と星のキャラバン』

2015年2月18日発売
【Musing限定盤(完全生産限定)2CD+LIVE DVD】『月と星のキャラバン -Musing Special Package-』
ZACF-9005 ¥7,407+税
・三方背ハードカバーBOX/デジパック仕様
・40Pスペシャルブックレット
・月と星のメッセージカード
<Disc.1:「月と星のキャラバン」>
1. Moon Wind
2. Aurora
3. Silver Rain
4. Electrical Pirates
5. Starlight Wizard
6. Machine Heart Blues
7. Ring
8. Gypsy Sweets
9. Warrior
10. 月と星のキャラバン
<Disc.2:「Music Letter’s ~月と星のキャラバン Guitar Only Ver.~」>
1. 月と星のキャラバン
2. Aurora
3. Electrical Pirates
4. Starlight Wizard
5. Machine Heart Blues
6. Ring
7. Gypsy Sweets
8. Warrior
<LIVE DVD:「Premium Night Show -月と星のキャラバン-」>
1. 月と星のキャラバン
2. Warrior
3. Namida
4. Machine Heart Blues
5. Aurora
6. Electrical Pirates
7. Gypsy Sweets
8. Libertango
9. Ring
※ この商品はビーインググループ音楽ポータルサイト「Musing」限定で購入いただける商品となります。

【通常盤(CD Only)】『月と星のキャラバン』
ZACL-9081 ¥2,593+税
・28P ブックレット
※CDの内容はMusing Special PackageのDisc.1と同様です。

◆『月と星のキャラバン』特設サイト
◆AKIHIDE オフィシャルサイト
◆AKIHIDE オフィシャルTwitter
◆BREAKERZ オフィシャルサイト