メジャーデビュー6周年を迎えた真野恵里菜が、その記念日となる3月18日にアメスタプレミアム放送を実施した。

◆真野恵里菜 メジャーデビュー6周年記念アメスタプレミアム 画像

アットホーム(というかフリーダム)な番組が毎回展開される真野ちゃんのアメスタプレミアム。今回は、マネージャーのマネティが放送開始間際にコンビニで買ってきたビールで乾杯するところからスタート。ちなみに真野ちゃん、ファンの前でお酒に口をつけるのは、これが初めてとなる(といっても、ひとりでガンガン飲んでいたのはマネティ)。

この日は5月1日公開の『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の取材で早朝から銀座で撮影だった真野ちゃん。番組では、5月30日公開の映画『新宿スワン』や6月27日公開の映画『ラブ&ピース』など、女優としてもはや引っ張りだこな真野ちゃんの、4月3日から下北沢の本多劇場でスタートする舞台『ベター・ハーフ』の話を含めた近況報告、そしてメジャーデビューからの6年間を駆け足で振り返る。

「Song for the DATE」のレコーディング頃にはハロー!プロジェクト卒業がすでに決まっていたという真野ちゃん。<真野恵里菜コンサートツアー2012~DATE~>で発表するという話もあったものの、「せっかくのソロライブはハッピーな気持ちで帰ってほしい」という想いから、これは見送りに。ところが、その後にDiverCityで行なわれた握手会の際に、歌詞の内容から「卒業しないでね」と、何人ものマノフレに言われ、「本当のことが言えない期間。唯一、気持ちが一緒ではない期間だったんです。私は卒業が決まっていて、でもマノフレはまだまだ続けると思っていて。その気持ちのズレが、自分の中ですごい罪悪感だった。」と、イベント終了後に号泣したことを告白する。そして「だから、発表した時は、やっと言えて安心した。」と、これまで卒業していったハロー!プロジェクトのメンバー誰にも当てはまるであろう、その道を通ってきた当人だからこその胸の内を語った。

そして2012年夏のハロー!プロジェクト合同コンサートで発表された卒業。「発表の瞬間はドキドキしました。」と話す真野ちゃんだが、いわゆるハロコンで一番ドキッとしたのは、自身の卒業発表の瞬間……ではなく、<Hello! Project 2011 WINTER ~歓迎新鮮まつり~>。つんく♂プロデューサーが「あと1名、モーニング娘。に参加させたいメンバー。決心しました。本人まだ全然知りません。」と、モーニング娘。9期メンバーとして譜久村聖がサプライズ発表された瞬間だったという。本人はおろか、ステージ上の出演者たち誰も知らかなった譜久村の加入。「Berryz工房さんとか、みんな私を見るんですよ(笑)。『いやいや、私、知らないですよ』って。(自分のモーニング娘。加入は)絶対ありえないだろって思ったんですけど、でもドキッとしました(笑)。」だそうだ。

また「マネティは私を滅多に褒めてくれない」という話から、最後に参加したハロー!プロジェクトのコンサートでのエピソードも語られる。メドレーでファインプレーを見せた真野ちゃん。それを見ていた親友・ももちが、楽屋前でマネティを捕まえて「こういう時こそ褒めてあげなよ! 普段は音外すことあるけど。」と、真野ちゃんを褒めるよう促し、その時はマネティも真野ちゃんをぎこちなく褒めたそうである。

このほかにも、今だから話せる思い出話や裏話が次々に飛び出した、メジャーデビュー6周年記念放送となった。なお、おもに軽く酔ったマネティの発言など、記事に残せない話は今回すべて割愛している。

番組後半には、「ライブやりましょ。生バンドでやりたいですね。今、歌いたい曲がいっぱいあるんですよ。」という真野ちゃんに、マネティが「8月は空けといてもらったほうがいいよ。」と突然の発言。その後、マネティがごにょごにょと情報解禁前の何か予定をマイクに拾われないようにつぶやいていたが、ともあれ2015年8月は、真野ちゃんの何かしらのイベントが入る模様。1年365日のうちのたった31日間なので、真野ちゃんのために8月はすべてスケジュールを空けておくべきだろう。

「ハロー!プロジェクトを卒業して2年ちょっと経ちまして、絶賛、舞台の稽古中なんですけど、最近思ったのが、『もっともっと素敵な女性になりたいな』と。だから、これからも見守っていてください。」── 真野恵里菜

真野恵里菜は、4月3日には、いろんな意味で大きな話題となった『みんな!エスパーだよ!』のスペシャルドラマ『みんな!エスパーだよ!番外編~エスパー、都へ行く~』(テレビ東京)がオンエア。そして5月1日からは映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』が、5月30日からは映画『新宿スワン』がそれぞれ全国ロードショーとなる。