4月4日から放送開始となるNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に、真野恵里菜の出演が発表された。

時代は昭和初期、12歳で父を亡くしたヒロイン小橋常子は、その遺言に従い、母とふたりの妹を“父(とと)”代わりになって懸命に養っていく── 。

生活総合誌『暮しの手帖』の創業者である大橋鎮子をモチーフに、ヒロイン・小橋常子を高畑充希が演じるこのドラマ。オフィシャルサイトによると、真野は<常子がタイピストとしてはじめて就職した商社の先輩。職場のタイピストのリーダー的存在>の早乙女朱美を演じる。<仕事には極めて厳しい。新人で入ってきた常子を、当初いびる>役柄だそうだ。

そのほか浜野謙太と田口浩正の出演も新たに発表されている。なお同ドラマの主題歌は宇多田ヒカル「花束を君に」。