Do As Infinityの大渡亮によるファンクラブ会員限定蕎麦打ちイベント<大渡亮presents!!地獄の蕎麦打ち大会!!>が、3月19日に東京都内某所で開催された。

この日の天気はあいにくの雨模様。当日は、亮さんより参加者一人ひとりに違うメッセージが手書きで書かれたサンキューカードが事前に配布され、参加したファンはテンションが上がった状態からイベントがスタート。



冒頭の挨拶で、亮くんは「みんなに参加してもらう企画をやると雨が降る(笑)」と語っていたが、Do Asを良く知ってる参加者は、この天気に慣れた様子。亮くんを含む参加者全員が「蕎麦打ち」が初めてということだったが、先生に教えてもらいながら、苦戦しながらも真剣に蕎麦打ちを楽しんだ。また、亮くんも所々先生に手伝ってもらいながら、終わったあとは「ハマりそうなくらい楽しかった!」とすごく満足気に話していた。

そしていよいよ試食へ。まずは参加者一人ひとりに亮くんがお酌をしてまわり、そして乾杯。蕎麦を食べながら、「どこから来てくれたのか」など参加者たちと語らい、そしてファンからの質問ひとつひとつにも真剣に答えていた。

そして最後には、亮くんからスペシャルプレゼントも。自身が使用したギターの弦で作ったアクセサリーとピックを参加者全員に渡し、お腹もハートも大満足のイベントとなった。

Do As Infinityは、アルバム『2 of Us -14 Re:SINGLES-』(RED盤 / BLUE盤)を引っさげて、6月から<Do As Infinity Acoustic Tour 2016 -2 of Us- >を開催する。