リル・キムの海外公演が判事の判断で中止に

ツイート
リル・キムが連邦裁判所判事の判断により国外への出国が認められず、出演する予定であったカリブ諸島での公演に出演できなくなったと、AllHipHop.comが報じている。

リル・キムが出演する予定だったのは、カリブ諸島のリゾート地、セント・キッツ島で今週土曜日に行なわれる『St. Kitts Music Festival』。現在、リル・キムは'01年に起きた銃撃事件に関する偽証罪に問われており、連邦裁判所の判事が彼女の海外渡航を認めなかったため、このフェスティバルへ出演することができなくなった。アメリカの法律では通常、保釈金が課せられている起訴中の被告は、国外に出国することは認められていない。

『St. Kitts Music Festival』にはバスタ・ライムス、ジェニュウィンといったアーティストが出演することになっている。リル・キムはすでに出演料として3万5000ドル(約380万円)を受け取っている。出演できなくなったことにより、リル・キムはこの全額返還と、場合によっては損害賠償を支払う可能性もある。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報