槇原敬之が歌うビーチボーイズPV大公開中!

twitterツイート
8/4にリリースされ、槇原敬之や大黒摩季、高野寛、naja、山弦などの参加ミュージシャンの豪華さと、ビーチボーイズへの思いに溢れた完成度の高いカヴァーソングの数々でベストヒットとなっている、ビーチボーイズのトリビュートアルバム『BEACH BOYS BEST of TRIBUTE』。日本人アーティストが大挙して参加し、ビーチボーイズお得意のサーフサウンドはもちろん、マニアックなサウンドで人気の高いアルバム『PET SOUNDS』からも選ばれた11曲が収められ、ビーチボーイズ・ファンもさることながら、参加ミュージシャンのファンにもたまらないプレゼントとして人気を呼んでいるトリビュートアルバムだ。

このアルバムの中から、珠玉の名作「Wouldn't It Be Nice」のPV映像が到着した。これはビーチボーイズのアルバム『PET SOUNDS』に収録されている楽曲で、トリビュートアルバムでは、マッキーこと槇原敬之が、なんとオールアカペラで歌っているという作品だ。このPV映像をノーカットのフルレングスで試聴開始しちゃいます。

マッキーの澄んだ声のオーバーダビングによるアカペラと、映像では“壮年ビーチボーイズ”が忙しい日常から飛び立ち、ブルー・ストライプのボタンダウンシャツを着て、ビーチボーイズの世界に没入する様がユーモラスに描かれている。まさにビーチボーイズの世界は、このように日常のストレスを忘れさせてくれる極上のマジック。残暑続く今の時期に、この映像で元気を出して!

「Wouldn't It Be Nice」PV映像はコチラから
https://www.barks.jp/watch/?id=1000001312

楽曲の全曲試聴はコチラから
『BEACH BOYS BEST of TRIBUTE』
LTCA-00001 \3,150(税込)
01.Wouldn't It Be Nice/槇原敬之
02.Do You Want To Dance/大黒摩季
03.Surfin' U.S.A./小倉博和(山弦)
04.Kokomo/Great3 with 佐橋佳幸(山弦)
05.Sail On Sailor/GB's
06.Fun,Fun,Fun/naja
07.Caroline no/佐橋佳幸(山弦) with B-Girls(A.K.A-Ms,T)
08.California Girls/渡辺等
09.Good Vibrations/槇原敬之 with 高野寛
10.Surfer Girl/Ai Miyakawa
11.In My Room/GB's featuring 柴田俊文
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報