新種の音楽的生物、アナログフィッシュ初登場インタヴュー!

ツイート

基本は、スリーピースのダイレクトなロック。そこに、奇妙にねじれたオルタナティヴ感覚を持ち込み、豪快と繊細とを自在に行き来する演奏と、抜群の三声コーラスが美しいメロディを彩り…アナログフィッシュを一言で言い表すのは不可能である。ともかく、まったくタイプの異なる二人のソングライターを擁する、新種の音楽的生物とでも言うような、圧倒的なオリジナリティが凄い。確実に言えるのは、最新ミニ・アルバム『Hello Hello Hello』と、12月に行なわれるツアーとで、アナログフィッシュの名前が一気に全国区になるだろうこと。間違いない。

取材・文●宮本英夫 

=
――2004年は、記念すべきメジャー・デビュー・イヤーになりました。そもそも3人が揃った時に、夢や目標はありました?

佐々木健太郎(Vo & B):
明確なものはなかったね。

下岡 晃(Vo & G):
かなり、行き当たりばったりだよね。

斉藤州一郎(Ds & Vo):
それを楽しんでやってる。何が出てくるかわからないところを。

下岡
たぶん、その時に思いついたことがいちばん大事なので。いつも何かやってると、“次はこうしたほうがいいな”っていうちょっと先のことが見えるから、それを目標にして、それが終わったらまた“こうしたらいいな”というものが出てくる感じです。

――曲もそうですか。次はこういうタイプの曲を作ってやろう、とかはあまり思わない?

下岡
それはありますけど、でも“こうしよう”と思ってもまずそうならない。それは、完璧にそこを楽しんでます。健ちゃんがフォーキーな曲を持ってきても、バンドでやってみて、ファンクっぽいのが思いつけばそっちに行くし。っていう感じだよね。

――アルバムの中でいうと「チンパンジー」のような。

佐々木
あれは、想像とは全然違うものになった。ほとんどの曲がそうなんですけどね。

下岡
もっとメロウな感じだったもんね。

―――歌詞がとても独特なんですよね。現実なんだけど、どこかファンタジーのような浮遊感覚があって。インスピレーションはどこから?

下岡
テレビとか、街とか。ほんとに思いつきです。ある言葉がビビッドに響く時があって、それが一つ見つかると、そこから物語ができたりする。出会いですね。

――いわゆる“メッセージ”タイプではないですよね。ポリシーがあるとすれば?

佐々木
なんだろうな…聴いてくれる人が引っかかってくれる言葉がいいな、っていうことかな。ちょっと汚い言葉とか、多少不快なくらいのほうがいいとも思うし。

――じゃあ、意図したことと誤解されてもOK?

下岡
全然OK。言葉よりも、バンドで鳴らしてる雰囲気を、そういう人たちとは共有したいと思います。

――3人の音楽性はどのへんが共通しますか。

斉藤
かぶるところもありますけど、基本的に全然違いますね。しかも、かぶってるところも…。

下岡
理解の仕方が違う。

斉藤
同じ曲を聴いても、二人は僕よりも言葉とかを聴き取るだろうし、僕はドラムの音を聴き取るし。そういう感じ。

――試しに、最近のお気に入りを1枚ずつ挙げてもらえますか。

斉藤
今はCAKEがすごい好きです。新譜が出たので。

下岡
俺もCAKE。CAKEは常に、新譜が出てなくてもトップだから(笑)。僕、現役のバンドが好きなんですよ。ああいう音楽をやって、ポップで、現役なのってCAKEぐらいしかいないので。

佐々木
僕もCAKEは普通に好きなんですけど、最近好きなのはZAZEN BOYSのセカンド。すごいカッコいい。

斉藤
CAKEとZAZEN BOYS…。

下岡
共通点、あるよね。

斉藤
俺もすごい好きだけどね。奥田民生さんとか言うかと思った。

佐々木
民生さんの新譜もすごい好き。

斉藤
昔のは、全然聴かなくなっちゃいましたね。ファンクとか、ミーターズとかは、古くても新鮮なんで聴きますけど。

下岡
ミーターズはいいね。俺も聴く。

――様々な要素を取り込む、ミクスチャーの意識はあります?

下岡
ミクスチャーって、よくわかんないですね。一つの曲の中に、この要素とこの要素を入れようとか、あんまり考えたことはないです。曲単位で変わることが多いので。

佐々木
うまく混ざればそれがいいけど。

下岡
手法的なことは、ほんとに考えたことはないです。

――なんとも言えないひょうひょうとしたいい味わいがあって、余韻が残るんですよね。特にアルバムの最後に入ってる下岡さん曲の「ナイトライダー」とか。この歌詞、確か実話なんですよね。友達同士がバイクに乗って、海へ走ってゆくエピソード。

斉藤
25歳の青春です(笑)。

下岡
言い出しっぺは僕らじゃなくて、もう一人の友達なんですけど。健ちゃんは「イヤだ」と言ったのに無理矢理連れて行かれた(笑)。

佐々木
カレー作ってて、食べようとした時に電話があったから(笑)。

下岡
あれは行ってよかったね。ほんとに楽しかった。

――少年の世界なんですかね。ピュアで、ノスタルジーで。

下岡
そうなのかな。そうかもしれない。男の人にわかってもらえると嬉しいですね。

――でもライヴには女性も多いですけど。

下岡
女性のほうが、アンテナがね。鋭いですから。…とか言って(笑)。

message video


▲ 見る


brand new mini album


「Hello Hello Hello」

2004年9月23日発売
ESCL-2595 \1,529

1. Hello
2. ラブホ
3. チンパンジー
4. 山手ライナー
5. ナイトライダー




■■■LIVE SCHEDULE

■11/9(火)渋谷 クラブクアトロ
【問】ハイライン03-5432-7411
■11/11(木)札幌 ベッシーホール
■11/13(土)渋谷 AX
■11/25(木)下北沢SHELTER
■11/28(日) Shibuya O-East
【問】ヴィンテージロック03-5486-1099
■12/30(木)幕張メッセ 国際展示場1~8ホール<COUNTDOWJAPAN 04/05>


Hello Hello Hello Hello ツアー
■12/8(水)
福岡 TENJIN VIVRE HALL
(ゲストあり)
■12/10(金)
大阪 JUSO FANDANGO
 (ワンマン)
■12/11(土)
愛知 IMAIKE HUCK FINN
 (ゲストあり)
■12/18(土)
東京 SHIMOKITAZAWA SHELTER
(ワンマン)


★詳しくは、オフィシャル・サイトへ★
http://www.analogfish.com
この記事をツイート

この記事の関連情報