カナダのグラミー「ジュノ賞」発表!

ツイート
4月3日にマニトバ州ウィニペグで開催されたカナダ最大の音楽賞Juno Awardsで、アヴリル・ラヴィーン、ビリー・タレントらが、複数の部門で賞を獲得した。

アヴリルはセリーヌ・ディオン、ブライアン・アダムスといった実力アーティストを抑え、最優秀ポップアルバム(『Under My Skin』)と最優秀アーティスト、ファン賞を受賞。当日はツアー中のため授賞式に出席できなかったが、「応援してくれたファンに感謝します」といったビデオメッセージを送った。また、先日ジャパン・ツアーを行ったグリーン・デイ、SUM 41らも栄冠を手にした。ほかに、8月に東京・大阪で開催されるSUMMER SONIC 05への出演が決まったアレックスイズオンファイアーが、最優秀新人グループを受賞している。

セレモニーでは 、k.d.ラングが入院中のニール・ヤングを称え「Helpless」をパフォーマンスした。

アヴリルは最多部門にノミネートされていた(https://www.barks.jp/news/?id=1000005399)。彼女はほかに、2日に発表されたキッズ・チョイス・アワードでも最優秀女性シンガーに選ばれている。

<'05年Juno Awards>主な受賞リスト:

■最優秀シングル
 「Crabbuckit」 k-os
■ファン賞
 アヴリル・ラヴィーン
■最優秀アルバム
 『Billy Talent』 ビリー・タレント
■最優秀インターナショナルアルバム
 『American Idiot』 グリーン・デイ
■最優秀アーティスト
 アヴリル・ラヴィーン
■最優秀グループ
 ビリー・タレント
■最優秀ポップアルバム
 『Under My Skin』 アヴリル・ラヴィーン
■最優秀ソングライター
 ロン・セクスミス
■最優秀新人
 フェイスト
■最優秀ロックアルバム
 『Chuck』 SUM 41
■最優秀新人グループ
 アレックスイズオンファイアー

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報