初のソロ作品について語る、ケミストリースペシャルインタヴュー

ツイート
川畑要 a.k.a. BUGSY
スペシャル・インタヴュー
DABOをフィーチャリングした川畑要のプロジェクト"a CHEMISTRY joint extra K-1"。プロデューサーには、JHETTを起用し、本格的なヒップホップ/R&Bスタイルを追求した。そして、名義もケミストリーの川畑要ではなくBUGSYとした彼。 自分自身の本質を表現したという今作について、熱く語ってもらった。

川畑要のインタヴューはこちらから>GO!
堂珍嘉邦
スペシャル・インタヴュー
堂珍嘉邦がコラボレートしたのは、なんと広島東洋カープ! なんとカープの応援歌を作ってしまったのだ。幼少時代から熱狂的なカープファンだったという彼は、ソロ・プロジェクト"a CHEMISTRY joint extra D-1"で、 いかなる応援歌を作りあげたのか? ソロ、そしてカープに対する様々な思いを話してもらった。

堂珍嘉邦のインタヴューはこちらから>GO!
今回のスペシャル企画“a CHEMISTRY joint extra”の楽曲は、2005年5月23日限定オフィシャル・ホームページよりダウンロード販売! また、21日のPM12:00まではフル試聴も可能できるぞ! このスーパー・プロジェクトを見逃すな!>CHEMISTRY オフィシャル・ホームページ
この記事をツイート

この記事の関連情報