Forever Young シリーズ:デジタルリマスターであの名盤が聴けます!

ツイート

THE DOOBIE BROTHERS アーティストページへ






[PLAY LIST]
♪リッスン・トゥ・ザ・ミュージック
♪ロング・トレイン・ランニン
♪チャイナ・グローブ
♪キャプテン・アンド・ミー
♪ブラック・ウォーター
♪スウィート・マキシン
♪運命の轍
♪光ある世界
♪ミニット・バイ・ミニット
♪ハゥ・ドゥ・ザ・フールズ・サーヴァイヴ?




特集TOPへ


この兄弟は、かなりヤバイ!?by 王様
ドゥービー・ブラザースは、まずバンド名を直訳して理解しておかんとイカン。スラングで“DOOBIE”は”マリファナ・タバコ、太巻きのマリファナ”という意味。したがってバンド名を訳すと“大麻兄弟”。いや~、大胆な名前じゃ。このバンド名では日本で活動できませんな。危ない、危ない。さて、ドゥービーと王様の出会いは、7歳年上の“兄王様”の影響。兄王様はアルバム『トゥールーズ・ストリート』をよく聴いていまして、王様もその中に収録されている曲「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック(王様訳:音楽を聴こう)」がお気に入りに。そして、中学時代(1974年)にアルバム『ドゥービー天国』(危ない天国じゃのぉ。英語原題を直訳すると、悪い癖が今では趣味)を兄王様に代わって買ったのを印象的に覚えていますなぁ。収録曲の中では「ブラック・ウォーター」が名曲。オススメですぞ。
THE DOOBIE BROTHERS
ドゥービーと言えば、トム・ジョンストン(G&Vo)が在籍している時の“豪快なアメリカン・ロック”と、'70年代後半のマイケル・マクドナルド(Key&Vo)が加入してからの“緻密な大人のポップ・サウンドの二つの顔があると言えるのぉ。どちらも味わい深く高い評価を受けているので、自分はどちらが好きか? あるいは、どちらも好き派か? いろいろアルバムを聴き比べてみることをオススメしますぞ。ちなみに王様は“トム・ジョンストン派”じゃ~!

それでは最後に、王様流ドゥービー曲名直訳で締めくくりますぞ。
「長い電車、走る(LONG TRAIN RUNNIN')」、
「中華街(CHINA GROVE)」、
「神様は御機嫌(JESUS IS JUST ALRIGHT)」、
「黒水=ミシシッピ川(BLACK WATER)」、
「隊長と私(CAPTAIN&ME)」。以上!

王様のプロフィールはコチラ

ワーナー “プレイバック・ニュース”
∇ドゥービー・ブラザーズ、ニューシングル「リアル・ラヴ」全米チャート快調な出足!
最新作が待ちに待たれているドゥービーであるが、アメリカで8月27日にニュー・シングル「リアル・ラヴ」がリリースされ、発売と同時にビルボード誌40位、キャッシュ・ボックス31位、もちろん赤丸付で初登場した。
日本ではシングルと同時にアルバム「ワン・ステップ・クローサー」も発売される。グラミー賞4部門に輝いたドゥービーの最高にイカしたサウンドに早くも話題が集中している。
(1980年9月15日発行 ワーナー・パイオニアニュース NO.7より)

∇ショック!ドゥービー・ブラザーズ突如解散!!
数年前から何度となく解散説がささやかれていたドゥービーズであるが、遂にそれが現実のものとなってしまった。
原因はパット・シモンズとマイク・マクドナルドのソロ活動により、これ以上グループとしての活動を維持してゆくことができなくなった為といわれている。
今後パットはエレクトラ/アサイラムから、マイクはワーナー・ブラザーズからソロ・アーティストとしてデビューすることが決まっている。
(1982年4月3日発行 ワーナー・パイオニアニュース NO.81より)

ワーナー “プレイバック・ニュース”をもっと読む!!
 
この記事をツイート

この記事の関連情報